長考の末の誤答は疲労度MAX

タクティクス誤答集110回目。3/15-3/29。
01)03/15 5問目(白番、3手)
03/15 5問目
02)03/16 4問目(白番、2手)
03/16 4問目
03)03/18 2問目(白番、2手)
03/18 2問目
04)03/19 2問目(白番、2手)
03/19 2問目
05)03/23 3問目(黒番、5手)
03/23 3問目
06)03/25 3問目(白番、4手)
03/25 3問目
07)03/27 2問目(白番、2手)
03/27 2問目
08)03/28 5問目(白番、3手)
03/28 5問目
09)03/29 1問目(白番、3手)
03/29 1問目
10)03/29 4問目(白番、3手)
03/29 4問目


01)Qg3 Rxh3 Qxh3
02)f5 Rh6 Bxh6
03)e4 Qxe4 Qxe4
04)Rf1 Qxf1+ Kxf1
05)... Qxd4 Qc1 Rxe1+ Qxe1 Qxc3 Qxc3 Rd1+ Qe1 Rxd1#
06)Bxe3 Rxe3 Rf3 Rxf3 Bxg4+ Kc7 Bxf3
07)Rxd4 exd4 Bxg6
08)Ba3 e4 Bxc5 Bxa1 Rxa1
09)Bh6 g6 Qe5 Kf7 Qg7+
10)Rh5+ Kb6 Rf5 exf5 f7

今回の目玉?は10問目。
70分考えても全然思いつかかなった;
スポンサーサイト

痛恨の見落とし

3/30分のタクティクス@chess.com。
1. クイーン交換になりそうな局面。この時に生じたピンを利用してパスポーンを7段目に進める。2分半かかり+1
2. QRRBB対QRRBB。開けた局面でビショップの取り合いから一気に攻勢に。約5分かかり+1
3. QB対QR。パスポーンをおとりに使って2手メイト。5分オーバーで+1
4. ビショップを誘い出して3手メイト。最後の手で誤答。-3
5. QRB対QRN。過負荷になっているナイトを食い逃げ。一つ間違えるとメイトになる危険な局面だけどギリギリで逃げ切れる。約13分かかり+1
結果:2008→2009。

4問目で誤答した局面。

ここまで来てメイトを見落とした×

...Qxe2#でメイトなのに...Qd3+と指しちゃったよウエーン。・゚・(ノД`)・゚・。

ぐぇー

3/29分のタクティクス@chess.com。
1. QRRBB対QRRB。クイーンをトラップする問題だと思って指したら誤答。-9
2. QRBN対QRRB。ルークをサクリファイスして4手メイト。10分オーバーで+1
3. QRNN対QRRBで2手メイト。1分40秒かかり+1
4. ルークエンディング。ルークをサクリファイスしてプロモーションを決める。めっちゃ考えて指した手が誤答…; -8
5. QRBBN対QRRBBN。ディスカバードチェックをから始まる4手メイト。約4分かかり+1
結果:2022→2008。

70分近く考えた末の誤答…
70分近く考えて指した手が誤答…;

1200回目の誤答でした
奇しくも1200回目の誤答でもあった。

言い訳無用!

3/28のLive@10/10(対medium、黒番)での一場面。

局面を打開しようとうっかりした手を指す

大幅に駒得したものの、なんとなく膠着しそうな局面だったので
打開しようとタクティクスを仕掛けるつもりで...Ne5??と指してしまう。
dxe5にQxd4として中央突破を図るつもりが…

普通にNxe5と取られました(当たり前だけど)

結局これをさらに...Rxe5と取るハメになってしまい、トータルでルーク損。
局面を大いに冷やしてしまったとさ。ゲームは勝つには勝ったけどね

これ強引に...Nxd4とかでも十分だったじゃん…


3/28分のタクティクス@chess.com。
1. 相手にチェックされた局面。しかし防ぎつつディスカバードチェックをかける手がありそこから3手でメイトできる。1分23秒で解いて+2
2. QRRN対QRRB。エクスチェンジサクリファイスでできたスキでルークを素抜き。約6分かかり+1
3. QR対QRRN。一見絶望的な形勢だがルーク交換後ダブルアタックでナイトを葬り、さらに連続チェックの末ルークも始末してドローにできる。23分かかり+1
4. 中盤戦でアンパッサンが可能な局面。しかしこれは罠で正解はクイーンをトラップ。見破るのに約9分かかった。+1
5. QRRB対QRRBB。ルークをトラップできると思って指した手が誤答。-9
結果:2026→2022。

陣形で差をつけろ

現在進行中の960ルールより。

現在進行中の960ルール。白黒3手ずつ指したところ

さしあたってe4のポーンを守らなくちゃ。
d3かc3かだな。c4はdポーンが出遅れになってd4の地点にスキができるからあまり指したくない
(逆にすでにe5とc5を突いたためポーンで攻撃されないd5には何とかナイトを送り込みたい)ところ。

はい、ポーンの形もちょっと意識してますw


3/27分のタクティクス@chess.com。
1. 中盤戦。逃げ場を失ったクイーンをトラップ。約3分かかり+1
2. 中盤戦。クイーンを誘い出してフォーク、と思って指したが誤答。-9
3. QRRB対QRR。メイトスレットをかけたらルークが落ちてきたw 約19分かかり+1
4. QRRB対QRRB。クイーンサクリファイスからの3手メイト。約2分かかり+1
5. QR対QRRで3手メイト。3分半かかり+1
結果:2031→2026。

未来に生きてますw

3/26分のタクティクス@chess.com。
1. QRN対QRB。連続チェックでRQ交換でscore100%!!(って以前解いた問題だからねw) +7
2. QRRBN対QRRB。ダブルアタックやピンを利用して大幅に駒得に。4分半かかったけど平均も長かったのでscore59%(+1)。
3. ルークサクリファイスからの3手メイト。41秒で解いて+5
4. QR対Q+7段目ポーン。メイト不可避の状態でクイーンが突っ込んでくるが普通に取ってOK。
  すぐプロモーションしたクイーンでチェックされるが軽やかにかわして勝ち。1分半かかり+1
5. QRR対QRN。メイトを狙われている中連続チェックでの逆転劇。約23分かかり+1
結果:2016→2031。

いつの間にか現代を越えてちょっと未来に踏み入りましたw
レーティング2031まできました

以前と比べて誤答率が低くなったのが要因かも。
直近1か月の成績。正答率90.2%

完読賞

Weapons of Chess(Bruce Pandolfini著)を読了。
英語だというのでしり込みしながら読み始めたけど、図面が多かったので
わりとスムーズに読むことができた。文章もそんなに難しくない(ハズ)。

洋書と言ってもむやみやたらに恐れる必要なない、かも。
今度は自分でも本を選んで買ってみようっと。
(ポーンの力を吸収した後にでもねw)


3/25分のタクティクス@chess.com。
1. 中盤戦でビショップが突っ込んできた局面。クイーンも巻き込んでの交換合戦で駒得に。約4分かかり+1
2. QRRN対QRRN。ピンでクイーンを捕獲。10分半かかり+1
3. RRBBN対RRBNN。3手目で間違えた。-7
4. クイーンサクリファイスからの3手メイト。2分オーバーで+1
5. QRRB対QRRN。穴の開いたキャスリング陣形の攻めをどう行うか、という問題。で約17分かかり+1
結果:2019→2016。

初手はいつでも(ry

960ルールでのonline戦の申し込みがあったので受諾。

960ルールでもやっぱり初手はe4w

もちろん初手はe4ですとも!!
通常ルールと違って丸一日かけて検討したけど


3/24分のタクティクス@chess.com。
1. QRB対QN。10手メイトの初手。一手問題だと知らずに50分近く考えた…+1
2. QRN対QRB。連蔵チェックでRQ交換に成功。約11分かかり+1
3. QRRN対QRRB。23日分の5問目で解いたばかりの問題。にもかかわらず1分以上かかってしまう。+1(score56%)。
4. RB対RB。ルークを攻撃されたが見捨ててパスポーンを進める事でプロモーションを確定。2分オーバーで+1
5. 中盤戦。ナイトを敵陣ど真ん中に置いてメイトスレットをかける。以前解いたことがあるような気もするが12分かかった。+1
結果:2014→2019。

勝ち越したった

3/23のLive@5/0、対easy白番。

3/23のゲーム。33手で勝ち。消費時間4分32秒

途中膠着しかけたけど相手の悪手に乗じて勝利。
対easy5/0は32勝31敗6分と勝ち越し。これで安心して卒業できるw


3/23分のタクティクス@chess.com。
1. QBBNN対QRRBN。盤隅に孤立したキングをメイトするための初手を問う。2分半かかり+1
2. 中盤戦。突っ込んできたクイーンをトラップ?よく見ると相手にメイトスレットがあったのに気づいた。あぶねー。1分39秒で解いて+1(score52%)。
3. QRR対QRRN。ルーク交換でできたスキを突いてナイトをゲット、って間違えた× -9
4. QRR対QRRNで2手メイト。約2分かかり+1
5. QRRN対QRRB。クイーンとルークが攻撃されるがカウンターでメイトスレットをかける。約3分かかり+1
結果:2019→2014。

I won't let you go...!

現在進行中のonline戦の一幕。

全力追撃中!!
逃がしませんヨ、フフフ…

ここから始まってた
同じゲームの2週間前の局面。すべてはこのキャスリングから始まっていた。


3/22分のタクティクス@chess.com。
1. 中盤戦。駒交換で釣り出したキングにチェックをかけたスキにピースアップ。約9分かかり+1
2. ダブルチェックからの3手メイト。以前誤答した問題のリベンジ。36秒で解いて+6。少々迷ってscore100%を逃した。
3. RBNN対RRBで4手メイト。2ナイトが大活躍。3分オーバーで+1
4. QRN対QRN。要所にナイトをサクリファイスしてエクスチェンジアップ。9分半かかり+1
5. BN対Q。連続チェックの末ロイヤルフォークに捕らえる。7分半かかり+1
結果:2009→2019。

初めてづくし

20日、もも様とlichessで15/10を白黒2戦!

1戦目:白りなこ。

ツーナイツ・ディフェンスになった。
序盤のポーン得を守り切り、オープンファイルをルークに支配させつつ
孤立ポーンを奪って駒得を広げて勝利、という理想的なゲーム展開ができたかも!
え、エンディングで大悪手? 聞こえないもんね。

あと、棋譜中では書き忘れてたけど
ビショップを追い払うためにh3と指す決断ができなかったのは
...Bxh3のサクリファイスの後、gxh3に...Qg6+とされる手が厄介そうに思えた…
というのがあったためだった。でも、e4-e5間のブロックされたポーンのおかげで
黒マスビショップの利きが遮られていたおかげで実は成立しない攻めだったらしい。
(「(eポーンのブロックが)地味に後で役に立った」というのはそういう理由ですw)

2戦目:黒りなこ。

エヴァンス・ギャンビット。一戦目とは対照的に開幕早々ポカしちゃった~;;
2ポーン対ナイトの駒損になってしまい、何とか打開しようと乱戦を仕掛けるも
逆に駒を削られ時間もなくなり力尽きた。
エヴァンスは何度も指してるはずなのに守りに回ったらコレだよ!!

そういえば白番でのツーナイツも黒番でのエヴァンスも対もも様戦では初めてかもしれない。
そう、春には新たな出会いがあるものです♪


3/21分のタクティクス@chess.com。
1. QRBBNN対QRRBBNで6手メイト。約6分かかり+1
2. ピースダウンした乱戦。ルークサクリファイス→ルークを抜きさらにダブルアタックで駒得に。約5分かかり+1
3. QRRBB対QRRBB。ダブルアタックで駒得。以前解いたことがあるやつで1分3秒で解いて+5
4. QRRN対QRRBN。ルークサクリファイスでキングをおびき寄せてクイーンを捕獲。約5分かかり+1
5. QRBNN対QRRBBN。ディスカバードチェックで2手メイト、と思ったら実際は駒得止まりらしい(問題は初手のみ)。約6分かかり+1
結果:2000→2009。

I made it!

3/20分のタクティクス@chess.com。
1. RN対RR。パスポーンを進めてプロモーション確定。平均時間(1分6秒)ぴったりで解いて+4。
2. QR対QR。3手メイトの初手を問う問題。1分半かかり+1。
3. QRR対QRRで2手メイト。3分半かかり+1。
4. RRB対RRNで2手メイト。約4分かかり+1。
5. 7段目ポーン対ルーク。ステイルメイトを避けるためアンダープロモーションを敢行。3分16秒で解いて+1(score56%)。
結果:1992→2000。

レーティング2000到達の瞬間
ついにレーティング2000に到達!! 
やったーヾ(*´∀`*)ノ

あいらぶぎゃんびっと

今進めているonline戦では、これを選択しました。

エーニッシュ・ギャンビット。シュリーマン・ディフェンスとも呼ばれてます

ええもう、ギャンビット大好きです❤


3/19分のタクティクス@chess.com。
1. QQR対QQBというすごい取り合わせ。ルークサクリファイスで4手メイト。12分かかって解く。+1
2. QRB対QRB。メイトスレットをかけることでクイーンを葬れる。先にチェックをかけてしまい誤答。-10
3. RRBBN対RRBBN。アンパッサンに惑わされずにルーク対2マイナーピースの交換。7分半かかり+1
4. ルークとナイトが攻撃された中盤戦。以前解いたことがある。1分36秒で解いて+2
5. QRRBN対QRRBN。メイトスレットを仕掛けて駒奪取。相手のサクリファイスを警戒して約25分考えた。+1
結果:1997→1992。あと少しなのにぃ~

獅子身中の虫

3/18のLive@10/10(対medium白番)。



ピースアップしてたのにプロモーションを止められずに逆転負け…
たった一つのポーンでもビショップを不良にして
ゲームを殺してしまうことがあるんだね・・・(ガクッ


3/18分のタクティクス@chess.com。
1. BN対B。敵ビショップの逃げ場をなくしておいてからディスカバードチェックを決め捕獲。8分半かかり+1
2. 簡単な2手メイト?と思ってルークを動かしたら誤答。クイーンの利きを見落としてた…-9
3. QN対QRでこちらは正真正銘の2手メイト(以前解いたことがある)。ピッタリ平均時間で解いて+5
4. RRN対RBBでチェックを挿入して取り合いを避けつつビショップを捕獲。これも以前解いた。+3
5. QRB対QRBN。ルークをサクリファイスして4手メイト。2分オーバーで+1
結果:1996→1997。

2問目ェ…
Rh1+からの2手メイト?? ってそんな問題出ないよね
(こんな手に引っかかるなよ、自分)

ポーンの減らし過ぎに注意

3/17のLive@10/10(対medium黒番)。



序盤に2ピースアップだから楽勝…と思ってたら
交換がうまくいかずにポーンを削られてピンチに。

パスポーンを始末するためにピースを切ったことも手伝い
評価値は一時期プラマイゼロまで戻されていた。

medium相手にこんなゲーム指しててはな~。
って、前回もフルボッコにされて辛うじてドローをつかんだんだっけ。


3/17分のタクティクス@chess.com。
1. QRN対QRN。メイトを狙われている局面での4手メイト。47秒で解いて+4
2. RRN対RRN。エクスチェンジサクリファイスの隙にルークを抜き駒得。以前誤答した問題にリベンジ。+3
3. QRR対QRBN。チェックをかける前にメイティングネットを仕掛ける19分半考えて何とか解答。+1
4. QRB対QRRB。ルークをサクリファイスして4手メイト。1分3秒で解いて+2
5. 中盤戦。ルークを釣り出してダブルアタックで捕獲。100%来たぁ!!(以前解いた問題だからねw)+7
結果:1979→1996。

久々に朝ティクス

3/16分のタクティクス@chess.com。
1. ディスカバードチェックから5手メイト(問題は3手目まで)。5分半かかり+1
2. QRN対QRB。交換中にチェックを挿入することで駒得に。4分半かかり+1
3. QRB対QRNで相手のチェックをかわして4手メイト。たぶん解いたことがある。1分半で解いて+2
4. 中盤戦。グリークギフトを決めるチャンス、と思って繰り出したBxh7+が誤答。-8
5. ポーンエンディング。ふたを開けたら12手という超長手順w 約9分かかり+1
結果:1982→1979。

5問目の途中図。
ここでKd6と指すのが将来を見据えた手

Kd6でもKd7でもプロモーションを確定させるので似たようなもん…と思えるが
前者を指すことでクイーンを作り合った後でQb8+!とすることができ
abどちらのファイルでクイーンを作られても捕獲できる、というわけ。
(bファイルは言わずもがな、aファイルでクイーンを作った場合も
 Qb8+によりキングはa5かa6に逃げなくてはならずスキュアが決まる)

題意を見切ると気持ちいいよねっ。
まあ8分かかったけど

本当は8手目で終わっていた

12/26から始めていた、NaoKing777様とのonline戦が15日に終結。

11手目のルークタダ取りがすべてを決した感。
ただし、そこに至るまでのクイーン交換は戦略ミス。
厳しい手の追求は常に怠らないようにしなくては。


3/15分のタクティクス@chess.com。
1. 5手メイト。3手目の焦点の歩ならぬ焦点のルーク捨てでメイトを決定的に。11分半かかり+1
2. QN対QB。キングとクイーンを引き離してからの攻撃でクイーンを捕獲。2分半かかり+1
3. QRN対QRB。メイトを狙われている中連続チェックで逆転のクイーン取り。17分かかり+1
4. QRRB対QRRNで3手メイト。初手を見落とさなければ楽勝。平均時間44秒ぴったりで解いて+4
5. QRB対RRN。3つのピースがどれも取られる位置に。メイトスレットをかけつつ回避、と思って指したが誤答。-9
結果:1984→1982。最大1991を出した。

復習は大事だよ

タクティクス誤答集109回目。2/22-3/14。
01)02/22 5問目(白番、2手)
02/22 5問目
02)02/24 4問目(白番、4手)
02/24 4問目
03)02/25 1問目(白番、3手)
02/25 1問目
04)03/01 5問目(白番、5手)
03/01 5問目
05)03/02 1問目(黒番、3手)
03/02 1問目
06)03/05 2問目(白番、3手)
03/05 2問目
07)03/07 4問目(白番、2手)
03/07 4問目
08)03/10 1問目(黒番、3手)
03/10 1問目
09)03/10 5問目(黒番、2手)
03/10 5問目
10)03/14 3問目(白番、2手)
03/14 3問目


01)Qxe5 Nxe5 Nxb5
02)Rc7 Qe4 Qxd7 Qxe4 g3 Qf6 Qxe8
03)Rxh6+ Kg8 Rh7 Ne5 f7+
04)Qe5+ Kg6 Rg8+ Kh5 g4+ Kh4 Qxg5+ hxg5 Rh8#
05)... Qxh3+ Kg1 Qg3+ Kh1 h5
06)Nf4+ Kf7 Qg6+ Kf8 Ne6#
07)Be5 Bd6 Rxd6
08)... Nxb2 Kxb2 Qb4+ Kc1 Qxc3
09)... a5+ Ka4 b5+ Kxb4 Na3+ Kxa5 Rxc2
10)Qc8+ Kf7 Qe6+ Kf8 Bg6


最近以前出た問題が再出題されることがあり、
この誤答集でも04)の問題が14日に再出題された。
しっかり復習して同じ問題を2回間違えるような失態は防がなきゃ。

トータルで75分…

3/14分のタクティクス@chess.com。
1. QRBB対QRRB。ピンを利用してキングに総攻撃。19分考えた方針で一気に解こうとしたら手数が多くて20分越えてしまった。+1
2. ポーンエンディング。16分かかって安全にプロモーションできるルートを見つける。+1
3. QRRBNN対QRRBB。クイーンに攻撃を仕掛けるが誤答。-9。これも17分…
4. QR対QRで5手メイト。3/1で誤答した問題。今回は2分17秒で正解して+4
5. QRRB対QRRN。クイーンサクリファイスを皮切りにQR対RRNの交換得狙い。
 以前解いたことのあるはずの問題だけどナイトを取れるかどうかで迷ってしまう。19分59秒で取る決断して正解。+1
結果:1986→1984。

5問目の局面図。
...Nh3+の反撃にどう対処する?

ここでナイトを取れるかどうかで長いこと固まってた。
冷静に考えると取らずにKh1と逃げてもNxf2+とされ、Kg1の1手にまたNh3+とされて進展しないから
勝ちに行くなら取るしかないのは明らかだったんだけどね。
ちなみにあとで調べたらこの問題は2/19に11分半で解いてた。長くなってんじゃんw

力を望む

それは数日前のこと。
もも様との決戦を控えた私の脳内に何者かが語り掛けてきた。

「力が欲しいか…?」

欲しい!!
一もにもなく飛びついた私に昨日届けもの(※)が来た。

『ポーンの力(チェス・クラシックス12)』ハンス・モック著 水野 優訳

これだ! これこそが私が欲する力に違いない。
ということで20日夜の試合開始までに読んでいこうと思います。
あと1週間ないけど

※当然ですが勝手に本が来たというわけではなくamazonで注文しましたw


3/13分のタクティクス@chess.com。
1. 中盤戦。駒交換でルークをおびき寄せてダブルアタック。45秒で解いて+6
2. QRRBB対QRRBB。キングを引っ張り出して(この時点でエクスチェンジアップしているが)ダブルアタックを加え駒得を広げる。3分オーバーで+1
3. ナイトとルークが攻撃された中盤戦。ピンを利用してクイーンに攻撃。クイーンが逃げると思ったら見捨ててナイトを取ってきたΣそっちのが得なのか。約6分かかり+1
4. N対Rのエンディング。チェックを挟み込んでプロモーションを確定。しかしこれで終わりでなくクイーンやルークになるとステイルメイトになる罠があった。焦らずにビショップに(KBN対Kのエンディング)。1分19秒で解いて+4
5. QRR対QRB。3手メイトの2手目まで。4分オーバーで+1
結果:1973→1986。

カテゴリを増やしたよ

最近カテゴリを2つ追加した。
1つは「DS_Spirits1500」。言わずもがな、最近プレイ頻度の高いDS_Spirits1500のプレイ記録。
記事数は今の時点で16とそこそこの数が集まってきている。
もう1つは「books」。買った本についての記事。
むしろ何で今までなかったのか、ってくらい記事数が集まりそうな予感。
なるべく早めに再編しようっと。今日新しい本も来るしね。


3/12分のタクティクス@chess.com。
1. QRR対QRR。一旦メイトスレットを狙うが、相手のルークサクリファイスに対してすぐ取るとパペられるので注意がいる。15分かかり+1
2. QRRBB対QRRBNでクイーンを狙われた局面。エクスチェンジサクリファイスで防ぎ、浮いたナイトを回収して駒得。2分オーバーで+1
3. QBN対QRBで5手メイト。2手目で悩んでたがクイーンサクリファイスすればよいことに気づく。これは回避されたものの別の手順でメイトに。12分半かかり+1
4. 中盤戦。ディスカバードアタック+チェックで駒得。候補が2つあり迷った。約18分かかり+1
5. ルークエンディング→ポーンエンディング。相手のプロモーションを押さえつつこちらのプロモーションを決める。約3分かかり+1
結果:1968→1973。

(DS Spirits)1500で1500(記事)

10日のDS Spirits1500。対Mr.MA(フリーモードで白番)。



いつものようにダニッシュに持ち込む。しかし…

1手メイトを見落として13手余分にかかった;

この失態は言い訳できないよなぁ。
通算1500記事って区切りのいい時にいったい何してるんだか。

3/11分のタクティクス@chess.com。
1. BN対BB。ディスカバードチェックで攻勢を維持したままフォークに捕らえる。約10分かかり+1
2. ルークエンディング。先にクイーンを作られるがパペらせてドローに。ナイトになるのがミソ。15分半かかり+1
3. 互いにクイーンを攻撃した局面。ビショップをサクリファイスし取らせている間にクイーンを捕獲。約7分かかり+1
4. QRBN対QRRN。浮いたルークを捕獲。取った瞬間固まって誤答したと思った;(実は1手問題で正解表示までのタイムラグ) 約7分かかり+1
5. 中盤戦。きな臭い局面だけど浮いてるナイトを捕獲。その後メイト狙いやクイーンへの攻撃をかわしてクイーン交換に成功。4分半かかり+1
結果:1963→1968。

MAって何かの略かしらん

10日のDS Spirits1500。7人目の相手となるMr.MA。
なんとなく怪しい風貌のオジサン。よく言えば一昔前の映画監督風?
チャレンジモードでは100手以内に勝利すればOK。



エンドゲームになったけどまだまだ手数には余裕あり。
やっぱり時間制限よりも楽だね。

3/10分のタクティクス@chess.com。
1. 中盤戦。19分考えても狙いがつかめず誤答。-9
2. RRN対RRB。駒を取りまくって4手メイト。約6分かかり+1
3. 中盤戦。浮きナイトを取る前にルークの交換を挟み込んで駒得。2分オーバーで+1
4. QRRN対QRRB。クイーンの取り合いの後でビショップを始末して駒得。47秒で解いて+1(score61%)。
5. RRN対RRN。フォークをかけようとポーンで釣り出そうとしたが失敗。-9
結果:1978→1963。

そして現代へ…

3/9分のタクティクス@chess.com。
1. 乱戦真っただ中。取り返せないことを見越してルークを突っ込ませて駒得。約6分かかり+1
2. QRRN対QRRN。ナイトサクリファイスでメイト、と思ったら避けられた。しかし追撃を加えて勝ちに。約7分かかり+1
3. RBB対RRB。ダブルアタックでルークタダ取り。見え見え過ぎて別の手があるかと思って7分考えた× +1
4. QRRB対QRRB。ダブルアタックでビショップを取る。ディスカバードチェックをかける手もあったので悩んだ。15分かかり+1
5. RRBB対QRBN。2ビショップの強みを存分に活かしたメイト。6分半かかり+1
結果:1973→1978。

誕生年ゲットだぜ
最近タクティクストレーナーのレーティングが上昇気流に乗っていて
思い入れのある数字をゲットしましたw 次は21世紀到達だッ!!

31勝31敗6分

3/7のLive@5/0、対easy黒番。



早い段階で敵クイーンが落ち、時間的にも余裕(と言っても4分台だけど)のあった勝利。
そして…今回の勝利で2013年5月に初めて指して負けて以来
ずっと負け越していた対easy5/0が勝敗同数のタイに!

一時期は10連敗して、ようやく勝てるようになってきた矢先に5/0が選べなくなり
「これで勝ち越せるチャンスが永遠に失われた;」と枕を涙で濡らしてたけど、
新版でまた5/0が選べるようになってついにこの日が。長かった~


3/8分のタクティクス@chess.com。
1. RRBN対QRBN。クイーンを誘い出してロイヤルフォーク。解いたことのある問題。44秒で解いて+5
2. QRN対QRB。クイーンに攻められているがチェックが尽きるように逃げて逆転メイト。5分半かかり+1
3. QR対QRB。ピンを利用してビショップを葬るだけでなくルーク対クイーンの交換も強いる。3分オーバーで+1
4. RR対QR。キングの逃げ道を確保してからパスポーンを進める。3分半かかり+1
5. QRRB対QRRB。守りのビショップを追い払いメイトを決める。7分半かかり+1
結果:1964→1973。

あれほどピンには気を付けろと

3/7のLive@5/0、対easy白番。


結果だけ見るとこんなだけど…


ピンされてることを見落として駒ただ取られるの多すぎィ!?
1戦で2度もやるなw

これ以外にもルークをタダで取るチャンスを見落としたり、
ナイトを捕獲しようとしてルークのクリックミスしたりで
よく勝てたなぁ、って感じ。


3/7分のタクティクス@chess.com。
1. RRB対RRB。ピンでピースアップを確定。21分かかり+1
2. ポーンエンディング。相手のプロモーションを阻止しつつこちらのポーンをプロモーション。15分かかって何とか解いた。+1
3. RN対RB。たぶん既に2回くらい解いた気がする。その割に平均時間での回答。+4
4. 中盤戦。エクスチェンジサクリファイスでディスカバードチェックの準備。15分考えて誤答。なんか以前解いたような気が…-9
5. N対B、というか実質ポーンエンディング。ブレイクスルーを決める。8分半かかり+1
結果:1966→1964。

真夜中にたまに起こるw

3/6分のタクティクス@chess.com。
1. QRN対QRBBN。連続チェックで逆転。2分オーバーで+1
2. QRBNN対QRBBN。ビショップを捨ててできたスキにフォークで駒を取り返しさらにルークアップが狙える。8分半かかり+1
3. QRRBN対QRRBN。hファイルからクイーンを突っ込ませてメイトに。20分になる直前でようやく解けた。+1
4. QN対QRで2手メイト。1分半かかり+1
5. QRRB対QRRBB。hファイルをこじ開けてメイティングネットを仕掛ける。2手目にビショップを逃がす位置に迷った。17分半かかり+1
結果:1961→1966。

5問目の途中図。
別に迷うところではない局面で20分近く迷った×
...Bg3で必勝態勢なのになぜか疑心暗鬼を生じ長いこと固まってた。
Rxg7+と突っ込まれて...Kxg7と取ったところをクイーンに狙われる~と思いこんでたけど
冷静に...Qxg7+とすれば済む話。カウンターでチェックがかかるので主導権を取り戻せる。

直感マジ大事

3/5分のタクティクス@chess.com。
1. QRBN対QRBBN。エクスチェンジサクリファイスでキングを釣り出しておいてフォーク。43秒で解いて+2
2. QRBNN対QRBBN。ディスカバードチェック+クイーンへの攻撃と思ったら誤答。-8
3. QRR対QRRN。チェックをかける下準備にメイティングネットをかけて勝ち。10分半かかり+1
4. QRRNN対QRRNN。キングの逃げ場がないことに乗じてナイトサクリファイス→バックランクメイト。1分15秒で解いて+5
5. QBB対QRRBBN。クイーンサクリファイス→ボーデンのメイトだ! 39秒で解いて+2
結果:1959→1961。

2問目。
Ng4+でクイーンが取れそうだけど

一見Ng4+のディスカバードアタック+クイーンへの攻撃で次クイーン取って勝ちの局面。
なんか引っ掛かりは感じたものの、Nf8+のダブルチェックではメイトできそうもなかったので
やはりクイーン取り狙いと思って指したら…誤答。
Nf4+のダブルチェックを見落としてた;

最初感じてた引っ掛かりはメイトの匂いをかぎ取ってたのかも。

微妙な最短メイト

3/4、対大五郎ラトヴィアン。


今回はビショップを取るよりも先に...fxg2として11手でメイト。
その後先にキングの退路断っておけば10手で仕留められそうだ、と思い実際に10手で仕留められたのだけど
解析を見ると正確に指せばメイトまで10手以上余分にかかる悪手だってことが判明した。
これではさすがに最短手数だって威張れないね。


3/4分のタクティクス@chess.com。
1. 中盤戦。クイーン取りを誘って逆襲をかけ駒得に。3分半かかり+1
2. QRB対QRN。チェックをかけてキングが逃げた先でピンをかける。28分半かかり+1
3. 中盤戦。わざとディスカバードアタック+チェックを誘う(実は罠でクイーンを取るとメイトになる仕掛け)。約14分かかり+1
4. 序盤。のこのこ出てきたクイーンとビショップをポーンフォーク。最初グリークギフトが成立するかと思いそっちに意識が行ってた。約4分で+1
5. こちらがキングだけで、相手側にポーンとビショップがいるエンディングで引き分けに持ち込む。8分かかり+1
結果:1954→1959。

3/3 in 3/3

3/3のLive@3/3。バングラデシュの人と。

1戦目、りなこ黒番。
3/3のゲーム1戦目。25手で負け。消費時間3分54秒
キングズインディアンに構えたけど途中でミスってエクスチェンジダウンを2回繰り返し
とどめにナイトも抜かれる羽目になってリザイン;

2戦目、りなこ白番。
3/3のゲーム2戦目。23手で勝ち。消費時間3分42秒
ダニッシュ・ギャンビット炸裂!!
…と言ってもそんなに派手な展開になったわけではなく、
地味な駒繰りを繰り返してたら先に時間が尽きそうになった相手が
ビショップが落ちる手を指してきた。すかさず捕獲してリザインに追い込む。

ということで、1勝1敗でした。

3/3分のタクティクス@chess.com。
1. QRBN対QRBB。7段目にルークを送りこんでピン、ってこれ以前解いたことある気が。1分5秒で解いて+5
2. RB対RB。エクスチェンジサクリファイスの後ルークを取って勝ち。5分半かかり+1
3. QRR+7段目ポーン対QRRN。クイーンサクリファイスで2手メイト。22秒で解いて+6
4. QRR対QRBBで6手メイト。ピークは3手目のチェックのかけ方だろうか。約5分かかり+1
5. B対Nからポーンエンディング。これも前に解いた気がする。2分ちょっとかかり辛うじて50%を上回った。+1
結果:1945→1954。

この日の3問目でタクティクス解答6000問を達成!!
タクティクストレーナー6000問達成
プロフィール

はらべりなこ

Author:はらべりなこ
ハラベさんと結婚して以来おなかが空きっぱなしになりましたw 
チェス勉強中の初心者です。

カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム