Let's Latvian!

27日のDS spirits1500。
白を持ったコンピュータは1.e4 e5に対し必ず2.Nf3と指してくる。
つまり、2...f5のラトヴィアン・ギャンビットが可能なことに。

対タスケ。

不覚にも5.Qf3??を長期間見逃してしまった。
あまりにも堂々と指してきたから取るってことに意識が行かなかったw

続いて対プリちゃん

タスケと同様5.Qf3としてきたので今度は即取った。
その後も面白いように駒が取れ、最短レベルの12手でメイト。
…と思ったら1手メイトを見落とす×


2/27分のタクティクス@chess.com。
1. 中盤戦。クイーンをおびき寄せてフォーク。4分かかり+1
2. QRN対QRN。クイーンを取らせておいてチェック、出てきたキングをロイヤルフォーク。50秒で解いて+4
3. QRRN対QRRB。メイトを狙われているがクイーンサクリファイスからの連続攻撃で逆転。約4分かかり+1
4. 一見中盤戦。クイーンサクリファイスでメイトを決められる。からくりに気付くのに11分かかり+1
5. 双方マイナーピースだけ残った局面。駒交換のどさくさにスキュアを決める。5分40秒かかり+1
結果:1925→1933。highest更新♪
スポンサーサイト

これぞ光速の寄せw

2/26、Live@5/0、対easy黒番。

残り13秒でこの局面
48手目。優勢ながら持ち時間が残り少なく
切れ負けが濃厚になりそうなその時、奇跡が起こった。
49...Rxd7+と敵ルークが消えたことで怒涛の連続攻撃が発生。

メイトまでの12手を11秒で指し切ったw
12手後、メイトに仕留めることができた。
この間11秒。コンピュータが指すよりも早く指して勝ち切ったw


2/26分のタクティクス@chess.com。
1. QB対QB。ダブルアタックでビショップを捕獲。1分4秒で解いて+1(score59%)。
2. QR+7段目ポーン対QR。ポーンをサポートしつつルークに攻撃。約5分かかり+1
3. Q対BNNで2手メイト。1分16秒かかり+1
4. QRRBN対QRRBN。ナイト続いてルークをサクリファイス。直接の狙いはかわされたがナイトを回収して優勢に。4分半かかり+1
5. 2ルーク同士のエンディングで3手メイト。以前解いたことがあるような気も。その割には1分以上かかり+1
(後で調べたら22日1問目がそうだった。こっちは51秒で解いてたよー…)
結果:1920→1925。

時間制限さえなければ楽勝

2/25、DSSpiritsにて豪(レベル5)との対局。
白番なのでダニッシュ・ギャンビットにした。



キャスリングもしてないうちから端ポーンをあげてルークを繰り出す謎手に乗じて
短期間で仕留めることができた。
これレベル4のかすみの方が強いような。本人はレベル豪なのに(寒
前回の苦戦は時間制限によるところが大きかった、ってことかも。


2/25分のタクティクス@chess.com。
1. RB対RN。盤隅にいるキングへの攻撃。初手で間違えた。-9
2. QB対QB。3手メイトの2手目まで。2分オーバーで+1
3. RBN対RBN。チェックをかけて対応させるスキに浮きビショップを捕獲。1分32秒で解いて+1(score55%)。
4. QRR対QRBB。チェックでキングを引き離してからビショップを巻き込んだクイーン交換。別の応手が来ると思って43分半かかった。+1
5. QRRN対QRRN。キングと一直線上に並ぶクイーンをピン。そしたらルークが落ちてきたw 約4分かかり+1
結果:1925→1920。

最近の問題はここまで指すの?ってのが多いのに

2/24分のタクティクス@chess.com。
1. QRB対QRB。チェックをかけつつダブルアタックでビショップを捕獲。もう1手先までやると思ってた。約4分かかり+1
2. RBB対RBN。逃げ場のないキングをチェック。合駒でビショップがやってきたけどピンを利用してそのまま捕獲できる。2分オーバーで+1
3. 中盤戦。突出したクイーンをトラップ。まずチェックをかけつつ逃げ場を塞ぐ。1分10秒で解いて+2
4. QRBB対QRBN。駒の取り合いの末ルークを余分に取って駒得、と思ったら間違えた。-4
5. QBN対QN。チェックをかわして得た手番でクイーンサクリファイス→スキュアで勝ちのエンディングに。9分かかり+1
結果:1924→1925。


1問目、解いた直後の局面図。
...Qe5+で終わっちゃった

問題はここで終わっちゃったけど、
考えている間白キングが逃げた後の対応まで指すものだと思ってた。
正着はもちろん...Qxf5とクイーンでビショップを取る手で
うっかり...Rxf5??とやるとRh8#で一発KOとなるので注意w

おまけ。

タクティクスとブリッツ、ラピッド(旧スタンダード)のレーティングが
1、2、5、9の組み合わせだけで構成されています。
これオンライン戦や960ルールまで成り立ってたらすごいんだけどねーw

だいぶ前進できた?

『チェスの第5歩 Dr.タラシュの中盤講座』を読了。
この本は文字通り中盤戦での戦いに主眼をおかれていて、様々なタクティクスや
中盤で頻繁に生じる局面での攻撃の勘所を問題形式を通して学べるようになっている。

実は原文では問題形式ではなく、設問は原文をもとにして作成されたものらしい。
訳だけでも大変なのに手のかかった内容に脱帽。

おかげでだいぶ前進できた気が!
…って、まだ第2歩を読んでなかった×
(第2歩まではでかいから持ち歩きにくいんだよね~)


2/23分のタクティクス@chess.com。
1. QN対QB。クイーンサクリファイスからロイヤルフォーク。1分半かかり+1
2. QRN対QRN。窒息メイト狙いでナイトを飛ばしたが結局エクスチェンジアップ止まり。約11分かかり+1
3. 中盤戦。駒交換のどさくさに浮いたビショップを捕獲。1分54秒で解いて+1(score55%)。
4. RRB対RRB。逃げればメイトになることに乗じてビショップを捕獲。これも1分54秒で解いた。+1(score54%)。
5. 中盤戦、と見せかけてクイーンサクリファイスから4手でメイトできる(問題は3手目まで)。1分7秒で解いて+3
結果:1917→1924。

ワシの誤答集は108まで(ry

タクティクス誤答集108回目。2/9-2/22。
01)02/09 5問目(白番、6手)
02/09 5問目
02)02/11 3問目(白番、2手)
02/11 3問目
03)02/12 3問目(黒番、3手)
02/12 3問目
04)02/12 5問目(黒番、2手)
02/12 5問目
05)02/13 4問目(黒番、2手)
02/13 4問目
06)02/15 5問目(白番、5手)
02/15 5問目
07)02/19 2問目(白番、3手)
02/19 2問目
08)02/20 3問目(白番、4手)
02/20 3問目
09)02/21 2問目(黒番、4手)
02/21 2問目
10)02/22 3問目(白番、2手)
02/22 3問目


01)a6 Ne6 Bd8 h2 a7 Nc7 Bxc7 h1=Q a8=B+ Kg4 Bxh1
02)Ra8+ Kc7 b6#
03)... Nb5 Re7 Kf8 Re1 Rxb7
04)... Rxf2+ Kh1 Qxg3
05)... Qc3+ Ka2 Qc2+ Ka1 axb3 Rxb3 Qxb3
06)a5 Ne4 a6 Nf6+ Kh8 Ne8 Bd6 Nxd6 a7
07)Bxf5 gxf5 h5 Be8 Kd8
08)Rc8+ Rd8 Qc7 Rf8 Qb8 Qd6 Qxd6
09)... Rd2+ Kh3 Qe6+ Qg4 Rxh2+ Kxh2 Qxg4
10)f3 Rxb2 g3#

やっぱり目玉と言えば8問目。
誤答集92回の3問目とイッショダヨー。

あひいいぃぃぃぃ

2/22のLive@5/0。対easy白番。

2/22のゲーム。61手で勝ち。消費時間4分57秒

今回も勝利。けど、ギリギリすぎるー!!

残り3秒で辛うじて勝利…
相手の駒がキングとポーンだけになった時には1分近く残っていたのに
終わってみたらあと3秒! 危なかったぁ~


2/22分のタクティクス@chess.com。
1. 2ルーク同士のエンディングで3手メイト。51秒で解いて+2
2. RN対RN。ディスカバードアタック+チェックでエクスチェンジアップ。候補が2つあって迷って10分。+1
3. ルークエンディングで2手メイト。初手で誤答。-9
4. QRBN対QRBB。いろいろな狙いを持つピンを仕掛ける。1手問題だと知らずに12分半考えた。+1
5. 中盤戦。クイーン交換後メイトとフォークの両天秤、と思って指した手が誤答(ナイトを飛ばす位置を間違えた)。-4
結果:1926→1917。

実は1か月ぶりの勝利

2/21のLive@5/0。対easy黒番。

2/21のゲーム。49手で勝ち。消費時間4分45秒

今回は勝ちました。
割と早くクイーン得できたけどさらにクイーンをこしらえるほどのがむしゃらっぷり。
さすがにこれで切れ負けした日にはもう立ち直れないよねw
…残り15秒だったけど!


2/21分のタクティクス@chess.com。
1. RN対R+ポーンいっぱい。キングの前進で敵ルークをフォークのかかる場所に追いやる。1分32秒で解いて+2
2. QR対QR。メイトスレットのルーク取りをかけた、と思ったら誤答。-7
3. QRRBN対QRRBN。クイーンの取り合いになりそうな局面。応じずにフォークをかけて駒得。13分かかり+1
4. QRRBB対QRRBB。クイーンの取り合いの前に挟み込みの手を入れて駒得。9分半かかり+1
5. 窒息メイト。だけどまずクイーンを始末してから。2分かかり+1
結果:1928→1926。最大瞬間風速で1930を記録。

(まったく成長していない…)

2/20分のタクティクス@chess.com。
1. QB対Q。これ遭遇したことあるやつだ。今回はきっちりリベンジを果たす(といってもscore67%だけど)。+1
2. QRRN対QRRB。スキュアで駒得。約2分かかり+1
3. QR対QR。ピンを伴うバックランクへの攻撃で勝勢。しかし3手目で誤答。って、これ以前にも遭遇してやっぱり誤答してた× -3
4. RB対RN。キングを盤隅に追い込んでエクスチェンジアップ。しかしまだ続きがあった。解いた時には32分オーバーで+1
5. ポーンエンディング。先にクイーンを作りピンでプロモーションを阻止。11分かかり+1
結果:1927→1928。

3問目は7か月前に遭遇した問題だった。
7か月前にまったく同じ局面で誤答…

この局面でQc4と指して誤答したんだけど、それが以前指して誤答したのと
まったく同一手順だった事に気づいて落胆。

7か月前の嘆き節 in Twitter
↑当時のツイート。日付は2016年7月19日となってます。

作り合い上等

2/19分のタクティクス@chess.com。
1. ルークエンディングでプロモーション合戦。相手がクイーンになったのに対しこちらはナイトになって4手でメイト。7分かかり+1
2. B対BNのエンディング。駒交換後ポーンをプロモーションさせるのだが3手目で誤答。-4
3. QRRB対QRRN。Q対RRの交換狙い、と思ったらナイトが突っ込んできて対処に迷う。うかつな手を指すとメイトにつながるので慎重に解答したら11分半。+1。
4. RRB対RRB。ビショップをピンして勝勢に。16分半かかり+1
5. QRRB対QRBBN。メイトスレットを仕掛けておいてからビショップを捕獲。約9分かかり+1
結果:1927のまま(highestは1928に)。

2問目の途中図。
ビショップを仕留めに向かうのが正着

ここではKe8とビショップを仕留めに向かうのが正着。
相手がビショップを見捨てて...f4とポーンを進めた場合Kxf8 f3 g6 f2 gxh7 f1=Q h8=Qと
クイーンを作り合う展開になるがキングの位置取りの関係で優勢を維持できる。
でも相手にクイーンができるから、っていう理由で切っちゃったんだよな~詰めが甘い×

(あまり成長していない)

2/18、1年3か月ぶりにwatypeと。
ここのブログでの原点というべき相手に感謝の一戦を仕掛ける。



勝った、けど前回に比べると内容が悪かった。
悪手2大悪手1は黒番であることを差し引いてもちょっと悲しい。
いや、これは成長の余地を大きく残しているということにしとこう(←プラス思考)


2/18分のタクティクス@chess.com。
1. 4手メイトの3手目まで。初手間違ってクイーンサクリファイスするところをギリギリで踏みとどまったw 1分49秒で解いて+2
2. クイーンサクリファイスしたと思しき局面。残ったルーク+2ビショップで4手メイト。3分半かかり+1
3. QBNN対QRNN。敵ナイトが浮いているがメイトを狙える局面。約3分かかり+1
4. Q+7段目ポーン対QB。2手目にクイーンをこしらえてメイト。1分かかり+1
5. QRR対QRRN。敵クイーンが守りに働いていないことに乗じて一気に寄せる。6分オーバーで+1
結果:1921→1927。

期せずして対人戦

2/17のLive@5/0。インドネシアの人と。
ホントはcomputer1-easyと指すつもりだったんだけど5分戦選んだら
対戦相手が決まっちゃったので指すことに。

2/17のゲーム。21手で負け。消費時間4分58秒
まー結果はこんなでしたが;
シシリアンに対してウィングギャンビットで対抗したけど
いつの間にか押し込まれてしまい、ロイヤルフォークを食らって完。

ちなみに対人戦の5/0は約2年ぶり。


2/17分のタクティクス@chess.com。
1. RRN対RRNで3手メイト。ナイトを引く手が発見しづらかったのか正答率22.5%の難問に。約5分かかり+1
2. QRRBN対QRRBN。ナイトサクリファイスでクイーンをおびき寄せて2手目でメイト。34秒で解いて+3
3. 中盤戦。ロイヤルフォーク狙いのルークサクリファイス。1分半かかり+1
4. ポーンエンディング。去年10月に出くわした問題。…ってことに気付くのに4分。+1
5. 一見平凡な中盤戦だがナイトサクリファイスで開いたgファイルを利用して4手でメイト。1分3秒で解いて+4
結果:1911→1921。highest更新♪

4年目の悪夢

2/16のLive5/0。対easy白番。
2/16のゲーム。28手で負け。消費時間4分51秒
連敗…;;
ナイト自爆+早い段階でクイーンが落ちて楽勝モードと思ったら
露出したキングが集中打を浴びた挙句ウィンドミルを食らわされた×

クイーンを分捕って意気盛んだったあの頃(遠い目
↑のあたりでは優勢だったのにわずか10数手でズタボロに…;

今日でチェスを始めてから4年になるってのに
あまりめでたくないゲーム内容だった(チーン


2/16分のタクティクス@chess.com。
1. QR対QR。キングをピンする位置に追いやりルークを奪い取る。2分半かかり+1
2. QRB対QRBN。メイティングネットをかける。3手目でだいぶ迷って15分半。+1
3. RR対Q。連続チェックでスキュアを決める。3分半かかり+1
4. QR対QR。バックランクからの逃げ道をこしらえることでメイティングネットをかける。11分かかり+1
5. 中盤戦。クイーンのとりっこで駒得、と思ったら避けられた。しかしディスカバードアタック→フォークの狙いでやはり駒得できる。5分オーバーで+1
結果:1906→1911。

切れちゃった

2/15のLive5/0。対easy黒番。

2/15のゲーム。40手で負け。消費時間5分(時間切れ)

ぐえええ、時間切れ…
途中までルークアップの勝勢だったのに気づいたら駒損してる×


2/15分のタクティクス@chess.com。
1. RRB対RRBN。たぶん以前解いたことがあるやつ。逡巡してしまいscore100%を逃した。+6
2. QRRBN対QRRBN。クイーンサクリファイスでメイト確定。3分半かかり+1
3. QRR対QRR。ルークをサクリファイスして4手でメイト。3分半かかり+1
4. QRBN対QRRで2手メイト。43秒で解いて+5
5. ビショップ対ナイトのエンディング。プロモーションを決めるまでの手順でミス。-6
結果:1899→1906。


余談だけど、chess.comのプロフィールの閲覧数がピッタリ10000だった。

chess.comのプロフィール。10000viewピタリ賞

キリ番ていうかつてあった風習を思い出すよねっ!
ところで、一番右端のPointsって何の数値かご存知の方いますか?

どっちで取るのが正解?

2/14分のタクティクス@chess.com。
1. メイトを狙われている局面。クイーンサクリファイスで狙いを外し、返す刀でクイーンを回収。59秒で解いて+1(score69%)
2. QRN対QRB。クイーンとナイトをサクリファイスして4手でメイト。3分かかり+1
3. 2手メイト。ルークを取る間に窒息メイトを決める。相手がルークを取らない展開をずっと読んでたおかげで10分近くかかる。+1
4. 乱戦気味の序盤。突っ込んできたクイーンをトラップ(もっとも、その後の解析を追うと相手の反撃でクイーンの取り合いになりさして駒得しないらしい)。12分オーバーで+1
5. QRRBN対QRRBN。ナイトサクリファイスでクイーンを誘い出した後めちゃ迷った。約35分考えて正解にこぎつける。+1
結果:1894→1899。

5問目の途中図。
f5のポーンをどれで取るか?

ここでf5のポーンをルークで取るかビショップで取るかで長考した。
ビショップで取るとRh1のスキュアが飛んできそうだ。一方でルークで取ると敵クイーンが動かない限り
ピンされた状態になり、その後の反撃がうまく行かない恐れも。

長考の末...Bxf5を選んで正解。
決め手となるのは...Rxf5とした場合、Kg1と逃げられたときに追撃する手段を失うこと。
ちなみに...Bxf5に対してすぐにRh1なら...Bxe4+でクイーンが取れるし、Qe3とクイーンを逃がす手は
...Bc2+ともう一度チェックがかけられる。これに対して白はKg1と逃げてもBf3と防いでも
スキュアの手段を失うことになる(Bf3は以下 ...Rxf3+ gxf3 Qh2+となりキングが1段目に追いやられる)

ちなみにこの問題の局面は双方最善を尽くした場合±0の評価値となる。
3問目も相手がルークを取る自殺手を指さなければほぼ互角の局面だったし、
タクティクスも明確な有利を目指すとは限らない問題が現れ始めたみたい。

バレンタイン2017

2017年バレンタインイラスト
とうとうチョコレートになっちゃいましたw
勇気ある者のみが食することができるのだ!(ナンチテ

2/13分のタクティクス@chess.com。
1. QRRBN対QRRBN。ビショップが浮いているが取るとメイトされそうな雰囲気。しかし強行してOK。15分半かかり+1
2. RN対RBで4手メイト。9分半かかり+1
3. RRBN対QRRB。一見スキュアでクイーンを取れるが実は3手メイト。1分半かかり+1
4. QR対QR。メイトスレットをかけてルークを奪取。しかし初手で誤答。-9
5. 中盤戦。スキを突いてクイーンを突入させダブルアタック。9分オーバーで+1
結果:1899→1894。

単なる疑心暗鬼?

2/12分のタクティクス@chess.com。
1. QR対QR。クイーン交換で生じたパスポーンで勝ちを決める。8分オーバーで+1
2. RRB対RRN。敵キングが動けないことを利用しパスポーンとルークでバックランクメイトの2択を迫る。約3分かかり+1
3. RBN対RBN。ルークをトラップすべくキングを動かす。しかし間違った手だった。-9
4. RB対Q。敵クイーンを翻弄しつつビショップサクリファイスからメイトを決める。約15分かかり+1
5. 駒同士の利きがぶつかった中盤戦。ルークサクリファイスでクイーンが抜けると早合点して誤答。-5
結果:1910→1899。

気になったのは4問目。
以前遭遇したことがあるんじゃないか、と思った問題
・ルークサクリファイス→ビショップでクイーンを取っても(相手側に2ポーンが残るので)負け
・メイティングネットをかけた後の相手の反撃を別のメイティングネットをかけることで防ぐ
というテーマと駒の配置が特徴的で、以前遭遇したことがあるんじゃないかと思った。

実際は空振り。
解いた後で出た問題番号を今までの誤答集と突き合わせたけど一致しなかった。
と言って初見で正答できるタイプの問題でもないような気がするし。謎だ…

誤答をなかったことに!?

2/11分のタクティクス@chess.com。
1. B対Nのエンディング、って2/9で出てきたやつだよコレ。今回はさすがにscore100%で解けた。+7
2. 中盤戦。クイーンを攻撃して浮いたナイトを捕獲。4分オーバーで+1
3. 2手メイト。クイーン狩りの問題と見誤って誤答。-8
4. QRRN対QRRでクイーンに攻撃された局面。追撃を食わない位置にキングを向かわせる。2分半かかり+1
5. 中盤戦。ビショップを捨ててクイーンをおびき寄せたところでロイヤルフォーク。約5分かかり+1
結果:1908→1910。

タクティクスの結果一覧。
先日の誤答が正答に(ただし、見かけだけ)

2/9分の5問目と11日分の1問目の問題番号「0044839」は両方とも正解になっている。
ついに誤答ももみ消してしまった!?

(ただし一覧の見かけ上だけで誤答数は変わってないし
 +7となっている9日分5問目のレーティングも実際には減っている)

時間制限は鬼門

2/10、DS Spirits1500で6人目となる豪と。
チャレンジモードの達成条件は『20分以内での勝利』
今までと違った厳しい条件に緊張が走る。しかも黒番だからダニッシュに持ち込めない;



あ、危なかった~。紙一重での勝利;
今までの相手よりも強くなってるというのもあるけど
時間制限が重かった。肝心な局面でミスしまくってる。


2/10分のタクティクス@chess.com。
1. RB対RB。パスポーンを進めて勝負を決める。2分半かかり+1
2. RRBBN対RRBN。2手メイトに気づいた時には1分半。+1
3. サクリファイスでキングを釣り出した局面。さらに駒を捨てメイト狙い…はかわされたもののフォークで駒得。2分23秒で解いて+1(score59%)。
4. 中盤戦。ディスカバードチェックでクイーンを素抜き。25秒で解いて+4
5. QR対QR。連続チェックでダブルアタックを決める。30秒で解いて+6
結果:1895→1908。

5%に理由あり

2/9分のタクティクス@chess.com。
1. QRBN対QRBB。キングを逃げ場のないところに追い込んでクイーン狩り。約3分かかり+1
2. QRRB対QRRN。メイトを決めるルークサクリファイス。約4分かかり+1
3. 序盤戦。隙だらけの敵陣にクイーンをねじ込んでからナイトを展開。正答率16.9%の問題だった。約6分かかり+1
4. QRR対QRB。ダブルアタックでビショップを血祭りに。約6分かかり+1
5. B対Nのエンディング。パスポーンをまっすぐに進めると思って指したら誤答で-6。後述するけど実は超難問だった。
結果:1897→1895。


5問目、答えの確認のために再挑戦したらこんな局面に。

当然プロモーションの局面。しかし、ここに罠が!!

先にクイーンを作られたのは予定通りでここでa8=Q+でスキュアして勝ち、
と思って指したら不正解。
なぜなら...Kg4と逃げられたときにQxh1としてしまうと…
ステイルメイトになってしまうためΣ( ̄△ ̄;)ガーン

そりゃ正答率5%になると思ったわぁ。

長考が目立った

タクティクス誤答集107回目。1/22-2/8。
01)01/22 1問目(黒番、3手)
01/22 1問目
02)01/23 5問目(黒番、3手)
01/23 5問目
03)01/26 2問目(白番、3手)
01/26 2問目
04)01/29 2問目(白番、3手)
01/29 2問目
05)01/29 3問目(黒番、1手)
01/29 3問目
06)01/30 4問目(黒番、3手)
01/30 4問目
07)02/01 4問目(黒番、2手)
02/01 4問目
08)02/05 1問目(黒番、3手)
02/05 1問目
09)02/08 1問目(黒番、2手)
02/08 1問目
10)02/08 3問目(黒番、4手)
02/08 3問目


01)... Bg4 Bxf7 Kh8 Ne6 Bxh5
02)... Ne3 Re1 Qxb1 Rxb1 Rc1+
03)Qxg4+ Kd8 Bxe7+ Nxe7 Qxg7
04)Nf4+ Ke4 Nd3 Kxd3 h7
05)... Be7
06)... Rh1+ Kf2 Rxg2+ Kxg2 Rxe1
07)... Qh3+ Kf2 Rxf4+
08)... Bh6 Rxd2 Bxd2+ Kb1 Bxe1
09)... Rxf1+ Kxf1 Qb4+
10)... Ra2 b5 R8a3+ Kb4 Rb3+ Kc5 Rxb5#

今期は誤答よりも解答時間の長さが目についたかも。
3日の86分29秒をはじめとして、先月28日の49分38秒、5日の43分40秒
先月22日の39分16秒と長考記録更新しまくりだった。

そして2問目は誤答での最長長考記録持ち(38分27秒)。

ミーハーでサーセンww

最近巷で話題の『誰もお前を愛さない』6コマに便乗して
こんなのを作っちゃいましたw

誰もお前を愛さない~キングズギャンビット編

キングズ・ギャンビット・マチガエタド(ヒガシコウヘイさん命名)の4手メイトバリエーションが
このシチュエーションにピッタリすぎてw


2/8分のタクティクス@chess.com。
1. QRBB対QRNN。ディスカバードチェックを狙われている局面。連続チェックでディフェンス、と思ったら2手目で誤答。-6
2. ポーンエンディング。最終的にクイーンを作り合う展開になるが先手を活かしてスキュアを決められる。約4分かかり+1
3. RRB対RRB。ルークでチェックをかけたら誤答。そんな単純な問題じゃなかったようだ× -9
4. QRRB対QRRBN。メイト狙いのエクスチェンジサクリファイス。これはかわされたがビショップとルークの連続サクリファイスでクイーンを捕獲。14分半かかり+1
5. QRBB対QRBB。メイトスレットを仕掛けクイーンを自爆させる。約10分かかり+1
結果:1909→1897。

全問正答率1.3%と書くとすごく聞こえる(かも)

2/7分のタクティクス@chess.com。
1. RR対RB。プロモーションを許すが連続チェックの末スキュアに捕らえることができる。8分半かかり+1
2. QR対QRで5手メイト。相手に7段目ポーンがいたがプロモーションさせることなく仕留める。約4分かかり+1
3. 6段目ポーン対ナイトのエンドゲーム。プロモーションは簡単にできるがクイーンになるとステイルになってしまう。ルークにアンダープロモーションして4手目でメイト。1分40秒で解いて+5
4. QRBB対QRRB。クイーンとツービショップで4手メイト(問題は3手目まで)。3分ちょっとかかり+1
5. クイーンサクリファイスからの3手メイト。平均時間37秒を1分13秒で解き(ギリギリで50%じゃなかったw)+1
結果:1900→1909。


たまたま全問正答できたものの、
正答率30~40%台の問題を頻発されるとキビシーですヨ;
難しめの問題が続いた

衝撃の事実

洋書のチェス本の一冊、「LOGICAL CHESS」を
もらってから約2か月たってようやくパラパラと。

第1ゲームはScheve対Teichmann、
1.e4 e5 2.Nf3から始まるゲームで2手目の黒のさまざま応手を批評していた。
中でも2...f6は恐ろしいよねうんうん…って、あれ? 

この話どっかで見たことあるな…

と思って今まで読んだチェス本を漁ってみたらビンゴ。
アンパッサンチェス研究会編「チェスの第3歩」と内容一緒じゃないかーーー!!!
まあこっちは全部のゲームを訳してるわけじゃないけれども。
(LOGICAL CHESSの33ゲーム中16ゲームを掲載)

被ってるゲームは読み終わったら第3歩を読み直して、
意味が正しくつかめてるか確認しようっと。


2/6分のタクティクス@chess.com。
1. ピース損ながら守られていないキングに付け入りメイトスレットを仕掛ける。結果クイーン得。約2分かかり+1
2. QRRN対QRRB。エクスチェンジアップとビショップ取りの2択。後者を選ぶのに12分かかった(平均36秒)。+1
3. QR対QRRで2手メイト。1分半かかり+1
4. QRRB対QRRN。エクスチェンジサクリファイスでメイト確定。約3分かかり+1
5. RRBB対QRBN。メイトスレットを仕掛けながらルークを素抜き。4分半かかり+1
結果:1895→1900。

通算555戦目でした

2/4のLive@10/10。対medium白番。



ペトロフでポーンを取り合う展開になった場合大抵何らかのトラブルを起こしてる気がする…
easyだと4.Qe2に対してナイトを引っ込めてクイーンごちになることも多いけど。


2/5分のタクティクス@chess.com。
1. RRBB対RRBN。初手で誤答して-9
2. 乱戦気味の序盤戦。アンダープロモーションするのはすぐ分かったけど最後の1手がわからずに15分考えた。+1
3. QBN対QRBで2手メイト。平均29秒に対して1分オーバーでの解答で+1
4. QN対QRN。メイティングネットをかけてクイーン取り。正答率5.9%の難問を制した!!とはいえ解答時間43分40秒…。+1
5. キャスリングしたキングへの攻撃。エクスチェンジサクリファイス→ピンを利用してチェック。6分半かかり+1
結果:1900→1895。一日で1900台から蹴り出された;

うひー助かった

2/4のLive@10/10。対medium白番。

8手目にしてもうピース損

ペトロフ・ディフェンスで指し間違えてしまってピース損×

その後奮闘の末何とかピースは取り返したものの、
パスポーンが止まらずクイーンを作られてしまう。



メイト秒読みの中ダメもとでルークを差し出したところ…

ドローになっちゃったw

取ってくれたw
(しかし、対ミディ子への連勝は11でストップした!)


2/4分のタクティクス@chess.com。
1. QRBN対QRRBB。タダでさえ駒損しているのにさらにエクスチェンジサクリファイス。そこから一気に攻めモードに。1分43秒で解いて+2
2. QRRNN対QRBNN。ディスカバードチェックを防いだクイーンをロイヤルフォークで仕留める。約8分かかり+1
3. 序盤戦。クイーンを交換しつつ駒得。約3分かかり+1
4. QRB対QRB。アンパッサン→ポーンのフォークでRB対Qの交換に持ち込む。別の初手を検討していて16分かかった。+1
5. メイトを狙われている局面。ギリギリで避けながら反撃で駒得に。19分かけて正答。+1
結果:1894→1900。

レーティング1900到達!!
レーティングも1900台に!
日頃の長考の甲斐があったというもの?w

記録大更新

2/3分のタクティクス@chess.com。
1. 中盤戦。クイーンが動いてガードが外れたことに乗じてダブルアタック。2分半かかり+1
2. QRRBB対QRRBN。逃げ場のないクイーンをトラップ。相手の応手が予想外の手で一瞬固まったがそのままクイーンを取るので良いようだ。2分半かかり+1
3. 中盤戦でクイーンが攻撃された局面。平均56秒の手に13分半もかけたから? process errorって出て焦った(もう一回指したら直った)。+1
4. クイーンを攻撃されかつメイトも狙われている局面。ビショップサクリファイスからの反撃に出て両方の狙いをつぶす。約18分かかり+1
5. ナイトサクリファイスしながらクイーンを攻撃し、最終的にフォークでエクスチェンジアップ。ぱっと見でどう指してよいかわからず、解くのに恐ろしく時間がかかった。+1
結果:1889→1894。

5問目を解いた瞬間
5問目を解いた直後の様子。何とか誤答せずに解いたものの…

時間見ると…86分半!?
消費時間は何と、86分29秒!!
歴代1位だった55分35秒をはるかに抜き去り、
途中でフリーズして幻に終わった76分15秒(+α)をも超えた怪挙を成し遂げてしまった…

さすがにこれ以上の記録は出ないだろうなぁ~…出たら嫌だ

ちなみに問題はこんな感じ。
これがその問題。別に難しい問題じゃないです

今年初ですw

2/2のLive@ボスニアの人と。黒番。
2/2のゲーム。26手で勝ち。消費時間3分36秒

初手d4が来たのでキングズインディアンに構えていたら相手にミスがありポーンアップに成功。
そのままエンディングに持ち込み、時間切れで勝利(もっとも、私も残り14秒だったけど)。

実は対人戦Liveはこれが今年初ゲーム。
1月は対コンピュータ戦しかやってなかった;


2/2分のタクティクス@chess.com。
1. 中盤戦。浮いているビショップを周到な準備の下に捕獲。約4分かかり+1
2. BN対Q。ポーンとビショップをサクリファイスした末ロイヤルフォーク。57秒で解いて+5
3. BN対RR。プロモーションでクイーンをこしらえて3手でメイト。1分16秒で解いて+4
4. 勝利を決めるルークサクリファイス。対する相手のやけくそチェックだが、逃げる場所間違えると逆にメイトを食らうので注意w 6分オーバーで+1
5. RB対RB。ビショップをサクリファイスしてパスポーン…ってこれ1日の3問目じゃないかぁ。一秒遅くscore100%取り損ねた。+7
結果:1871→1889。

気付いたらとっても単純な話

2/1分のタクティクス@chess.com。
1. 中盤戦。退路を失ったクイーンをトラップして捕獲。39秒で解いて+5
2. 突出したキングを3手でメイト。ナイトを捨ててくるが取っちゃダメw 3分オーバーで+1
3. RB対RB。ビショップサクリファイスでパスポーンをこしらえる。その後ダブルアタックでビショップを回収。5分オーバーで+1
4. QR対QR。連続チェックでダブルアタックに捕らえる、と思ったら初手で誤答。-9
5. RRN対RRN。よく見ると2手メイトだった。約2分かかり+1
結果:1872→1871。

実際かかった時間とMyTimeで表示される時間の違い、
あれからデータを増やしてみたところ、ある現象に気づいた。
結果を並べてみました

…お気づきでしょうか?

見事に二極化

表記されるMyTimeは平均時間の4倍で頭打ち
というだけの単純な話でした。(ノ∀`)アチャー

十六女=いろつきと読みますw

世の中には便利なサイトがあって、
PaintsChainerというところではなんと!線画絵に自動的に彩色することができてしまう。

ということで、以前描いた擬人化ルークに色を付けてもらった。
グラデーションのかかり方がなんとも良い感じに。
色付き擬人化ルーク
Q.この子は何歳ですか?
A.16歳です。なぜなら色がついたからです。


1/31分のタクティクス@chess.com。
1. RB対Q。ルークサクリファイスののちにポーンでフォークを決めクイーンゲット。5分かかり+1
2. ルークエンディング。メイトを狙われている中紙一重でかわしつつプロモーションを決める。約9分かかり+1
3. QRB対QRB。連続チェックからのダブルアタックでビショップを葬り去る。4分半かかり+1
4. ルークエンディング。ポーンにルークを捨てるという奇策で6段目に連結パスポーンを作る。1分半かかり+1
5. 中盤戦。守り駒を削ってからピン。3分半かかり+1
結果:1867→1872。
プロフィール

はらべりなこ

Author:はらべりなこ
ハラベさんと結婚して以来おなかが空きっぱなしになりましたw 
チェス勉強中の初心者です。

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム