焦ってはダメ、呑気すぎてもダメ

10/30分のタクティクス@chess.com。
1. 互いにクイーンを攻撃した局面。クイーンを取った駒を逃がしつつクイーンを取った駒を捕獲。1分20秒かかり+1
2. 序盤ナイトが突っ込んできた局面。取る前にこちらもクイーンを突っ込ませる手を挿入しキャスリングを阻止。2分半かかり+1
3. ポーンエンディング。キングがセンターを制圧して勝ち、と思ったら誤答。-8
4. QRBN対QRBN。ビショップの交換から始まり、クイーンサクリファイスからのメイト。2分21秒で解いて+3
5. QRN対QRN。ナイトが浮いているがそれを取る以上にいい手があるのでは?と疑心暗鬼に陥り12分。
  結局取る以上にいい手がないことが分かった。+1
結果:1817→1815。

3問目の局面図。
典型的なポーンエンディングで撃沈

キングサイドのポーンを始末すべくKf5と指すべき局面だけど続く...a5に対してはa4とカバーしないといけない。
バランス感覚って大事。
スポンサーサイト

幻の大長考

10/29分のタクティクス@chess.com。
1. QRRBN対QRRB。クイーンへのディスカバードアタック+チェックで勝ち、と思ったら誤答。-7
2. RN対RNで3手メイト。逃げ場のないキングをナイトで仕留めるのだがちょっと意外な手順だった。4分半かかり+1
3. クイーンをサクリファイスしたと思しき局面で3手メイト。クイーン取りに惑わされてはダメw 約6分かかり+1
4. bファイルでのパスポーンを巡るエンディング。ステイルメイトを避けつつプロモーションを確定させる。12分半かかり+1
5. 序盤戦。クイーンをトラップ。5分オーバーで+1
結果:1820→1817。

実は2問目と3問目の間に幻に終わった超長考問題があった。

問題を見て固まってしまった。
f1にいたビショップは取れそうな感じだけどクイーンで取るのかルークで取るのかも見当がつかない。
こちらのチェックが途切れるとQe7+ Qf4+ Qg3+があり、先に...Kh5と避難しようとしてもQxh7+がある。
...Rxf1+続いて...Qxb4(ルーク狙いは)Qf4+からのチェックで失敗するし
...Qxf1+からの...Kh4(メイティングネット)もQf4+でとん挫する。
いったいどう指していいのか皆目見当がつかないまま時間だけが過ぎていき
気づくともう最長記録の55分35秒すらも過ぎてしまった。

70分以上考えて出た結論が2手目に...Qxf2と指す手。
Qe7+は...Kh6とすることで(Qh4+ができないので)攻めが止まる。
(Rh8とメイトスレットをかけようとすると逆に...Qg1+からメイトできる)
Qf4+やQg3+もクイーン交換で防げるが明確な駒得ができるわけでもないのでそれで正しいのか分からない。
ポーンの数で勝るのでそれでいいのかもしれない。

とにかく初手として...Qxf1+とビショップを取ったら…固まった。

交換得は好手、とは限らない

10/28のLive@10/10、対medium黒番。


序盤から突出したクイーンが自爆して楽なゲーム…
となるはずが駒の連携がまずく、かなりてこずってしまった×

結局ルーク+ビショップと引き換えにクイーン(と1ポーン)を
手放すハメになったのだけど実はこれ、仕掛けた側の悪手らしい。
多少の駒損を取り返してもピースなしでは反撃の手段を失うからだろうか。
まー私も戦力差十分なら多少の駒損しても突っ込ませちゃうしねえ。


10/28分のタクティクス@chess.com。
1. クイーンとビショップでの3手メイト。5分かかり+1
2. QBNN対QRNN。メイトスレットを仕掛けることでメイトorクイーン取りを迫る。4分かかり+1
3. RRB対RBN。間違いの手を指す直前に気付いて踏みとどまる。最後に浮いたビショップを捕獲。12分オーバーで+1
4. QN対QRで3手メイト。初手の選択肢が広い&チェックを外すとこちらがメイトを食らうので慎重に回答。6分半かかり+1
5. 圧倒的に駒得しているもののメイトを狙われている。クイーンを逃がしつつ反撃を封じる。約7分かかり+1
結果:1815→1820。

あの攻撃への対処法

10/26のLive@10/10、対medium白番。


クイーンがgファイルにいてh3(h6)にビショップを据える攻撃はかなり厄介だけど、
事前に予測できるとこんな感じで対処が可能に。

でも、やっぱり緊張するね。


10/27分のタクティクス@chess.com。
1. クイーンが攻撃された局面。そこから大交換会に持ち込みピースアップ。1分オーバーで+1
2. ビショップをサクリファイスして2手メイト。取らない場合でもほかのメイトが発生する。気付くのに6分半。+1
3. QRR対QRBN。エクスチェンジサクリファイスからチェックを挟み込んで駒得。2分オーバーで+1
4. QRBN対QRBN。キングとビショップをフォークして駒得。3分オーバーで+1
5. QRRB対QRRB。クイーンの退路を断つように攻撃、が間違えた。-7
結果:1818→1815。

960のレーティングが出ていた頃もあった

10/26分のタクティクス@chess.com。
1. ビショップをサクリファイスしてキングをおびき寄せてメイト。3分11秒かかったが平均も長くて+2
2. 序盤戦。連続チェックを仕掛けて守りのないクイーンを捕獲。7分オーバーで+1
3. 隅にいるキングへのメイティングネット。初手の攻撃をナイトかビショップかの2択。2分40秒かかり+1
4. QRB対QRRNで3手メイト。平均時間44秒ぴったりで解いて+5
5. ルークサクリファイスからロイヤルフォークを決める。2分53秒かかり+1(score26.8%)
結果:1808→1818。

今回の結果でonline戦のレーティングを上回ったので
ひょっとしたらプロフィールのレーティングもタクティクスの数値が出てくる?って思ったけど

プロフィールのレーティングは一番高いものが代表して表示される

…そんなことはなかった。

慎重に指した(つもり)

10/24のLive@10/10、対medium黒番。


…なんか久々に勝った気がする。


10/25分のタクティクス@chess.com。
1. RR対R(+7段目ポーン)。強制でルーク交換しつつ7段目ポーンにも対処。約2分かかり+1
2. QR対QR。ピンを利用してルークを残すことに成功(最後っ屁には注意w)1分13秒で解いて+2
3. QRRN対QRRBB。クイーンサクリファイスからの2手メイト。1分11ですでにscore20%… +1
4. 序盤戦。クイーンをトラップできる?と思ったがエクスチェンジアップ止まりの様だ。8分かかり+1
5. メイトを狙われた局面での防御。正答率63.9%の問題に誤答…-8
結果:1811→1808。最大瞬間風速で1816を記録。

f3のタイミング

10/19のLive@10/10、対medium白番。


せっかく駒得しながら…ぐぎぎ。

それにしても、途中f3と指すべきところで指さないで
「ここで指しちゃダメ!」って時に指してしまうってのはどーなんかね。


10/23分のタクティクス@chess.com。
1. 3手メイト。ビショップとルークのよくあるメイトパターンと誤読して2手目に誤答。-4
2. 初手にメイトスレットを仕掛け、防ぎに来たクイーンをディスカバードチェックで抜く。3分オーバーで+1
3. BN対QN。普通に指したらどうやっても負け確定の局面を連続チェックの末メイトorクイーン取りの局面に持ち込む。
  途中で迷って23分かかった。+1
4. ビショップとクイーンを攻撃された局面。15分考えた末誤答。-7
5. QRRB対QRRBN。交換でエクスチェンジアップしてさらに守りがなくなったビショップを捕獲。40秒で解いて+6
結果:1814→1811。

step by step


10/23分のタクティクス@chess.com。
1. QRRBN対QRBNN。1手メイトを食らう筋に気を付けつつ駒を取り合い駒得に。約9分かかり+1
2. QRB対QRBN。連続チェックの末ルークを捕獲。15分半かかり+1
3. 序盤戦。駒交換で生じた浮きビショップをぱくり。4分半かかり+1
4. キャスリングしたキングへの攻め。約2分かかり+1
5. QRR対QRB。クイーンへの攻撃をチェックで返されるがクイーンを突っ込ませて一気に制圧。
  約2分かかり+1(score43.7%)。
結果:1809→1814。

始めてから現在までのレーティングの推移。
レーティング変遷。現在大まかに4段階に分けられる
大きく分けて4段階に分けられる。
第0期:2013年5月~2013年7月。レーティング変動が大きく安定しない時期
第1期:2013年7月~2014年8月。おおむねレーティング1250前後で推移していた時期
第2期:2014年8月~2016年1月。おおむねレーティング1400前後で推移していた時期
第3期:2016年1月~現在。ルールが変わり正答ならどれだけ時間がかかっても+1に。
    レーティングは1750前後で推移。

ここでレーティングがさらに伸びて第4期と言える時期に到達できるか、
伸び悩んでばらつきの範囲に収まるかはこれから次第。

見れば見るほど禍々しい

10/18のLive@10/10、対medium黒番。
そろそろ浄化できたと思うのでぺたり。


一手ごとに評価値が乱高下するので見てる分には楽しい、かも。


10/22分のタクティクス@chess.com。
1. QRRB対QRRB。メイトを狙われている局面でカウンターで3手メイトに仕留める。約4分かかり+1
2. 序盤戦。交換でクイーンを引っ張り出しておいてディスカバードアタック。3分半かかり+1
3. QR対QN。メイトスレットをかけクイーンを交換しつつナイトを巻き上げる。6分オーバーで+1
4. 中盤戦。ピース交換のどさくさにチェックを挟んで駒得に。9分かかり+1
5. QRR対QRBN。クイーン交換の隙にバックランクを襲いルーク取り。1分35秒で解いて+2
結果:1803→1809。

どうチェックしても同じ…ではないぞ

10/21分のタクティクス@chess.com。
1. QB対QB。メイティングネットをかける。5分オーバーで+1
2. f6に自ポーンがいることを利用したメイト狙いのルークサクリファイス。1分半で解いて+1(score49.2%)。
3. 7手メイトの3手目まで。2手目のチェックでのクイーンの位置がポイント。
  正答率19.8%の問題を制したぜ!(11分半かかったけど) +1
4. クイーンをトラップ。49秒で解いて+2
5. RRN対QB。ビショップをピンして勝ちの局面に。1分43秒かかり+1
結果:1797→1803。

3問目の2手目の局面。
追撃をかけよ!

クイーンでキングを追撃する手だけどQg4+ではなくQh3+と指すのがミソ。
クイーンサイドに逃げたキングをBe5+を経てQb3+とすることができる。
当初d5でメイティングネットをかけることを考えたけど...c6で逃げ切られてしまう。

双子問題

19日分のタクティクス1問目で「どこかで見たような…」って問題、
実はつい5日前に解いていたw

左が14日分3問目、右が19日分1問目。
似た問題どころか同じ局面からスタートw
なんと、まったく同じ局面からのスタートΣ


もちろん同じ問題が出てきたわけではなくて、
初手プレイヤー側がQd7(これはどちらも共通)と指した後
#284487 ...Nf6と指しQd8+ Kh7 Bd3+ g6 Qxf6と続くナイト取りの問題。
#380913 ...Kf8と指しBb5 Nf6 Qd8+と続くメイト問題。
となるわけ。


10/20分のタクティクス@chess.com。
1. RBB対RR。相手側に7段目ポーンがいてメイトする以外に助からない、と思ったら防ぎきれるようだ。18分半かかり+1
2. QRB対QRN。ビショップを飛ばしてメイティングネット、と思って指したが誤答。-8
3. QRN対QRB。クイーン交換後チェックを挟み込んで駒得。1分42秒で解いて+2
4. 逃げ場のないビショップをトラップ。4分オーバーで+1
5. 互いに7段目ポーンを抱えたR対RN。先にプロモーションしてから相手の攻撃を回避。約12分かかり+1
結果:1800→1797。レーティング最高値1801を記録。

悲しみと喜びと

10/18のLive@10/10、対medium白番。
ナイトを狙われているのにポーン取りに夢中になって見落とす。そしてゲームも落とす

せっかくピースアップしていた局面でポーン取りに目がくらんで
ナイトを落としてしまった× そしてゲームも落とすはめに…;

今回も平均ポーン差3桁近い悪スコアを叩き出してた。
18日のボロボロゲームといい、やっぱり日付変わってからのゲームはダメってことかも。


10/19分のタクティクス@chess.com。
1. QB対QNで4手メイト。なんか以前解いたことあるような?? 3分オーバーで+1
2. 序盤戦。ルークを狙われた局面にメイトスレットを伴うディスカバードアタック。
  相手はそのままルークを取り窒息メイトへw 34秒で解いて+5
3. ルークを狙われた局面。カウンターでスキュアを決めた。1分ジャストで解いて+2
4. B対Nのエンディング。ビショップを捨ててプロモーション後スキュアがかかるように仕向ける。27秒で解いて+6
5.RRBB対RRBB。ビショップを見捨てる間にメイトを決める。1分26秒で解いて+1(score46.1%)
結果:1785→1800。

レーティング1800達成!
レーティング更新&1800達成!!
連敗のモヤモヤ気分もあっさり消し飛んだ(←単純w)

-10から+10へ

10/18のLive@10/10、対medium黒番。
クイーンただ捨ての決定的瞬間

クイーンを置く場所を間違えて負け×
これだけならまあよくあること(?)だけど、解析にかけて驚いた。

平均ポーン差200オーバー!?
白も黒も平均ポーン差200オーバーって何だよぉぉぉぉぉ…
1手ごとにポーン2つずつ差し出してるって計算かい


10/18分のタクティクス@chess.com。
1. RRBN対RRBNで2手メイト。41秒で解いて+5
2. クイーンをトラップ。最終的にはこちらのクイーンも取られるがその間にルーク1つ分駒得できる。4分半かかり+1
3. RBN対RB。ビショップをサクリファイス→ディスカバードチェックでルークを捕獲。5分半で解いて+1
朝時間がなくて3問しか解けなかった。結果:1778→1785。

気づいてヒヤリ

10/17分のタクティクス@chess.com。
1. QRRN対QRRBN。クイーン交換後一気にメイトモードに。4分オーバーで+1
2. QRRBB対QRRB。相手のチェックに対しての応手。17分半考えた末正解にこぎつける。+1
3. QRRN対QRRBNで3手メイト。4分半かかり+1
4. QRN対QRN。よく見たら1手メイトだこれ。気づくのに1分14秒~(余裕のscore20%)+1
5. QRBN対QRBB。エクスチェンジアップ狙いのナイト捨て。乗ってこないのでビショップを取ったらこれが罠だった× -6
結果:1780→1778。


5問目(2手目の局面)。
ビショップが浮いてるけど実は…
Nxh6+ gxh6 Qg4+でエクスチェンジサクリファイスを策したがなぜか乗ってこないので
ビショップいただき…って、よく見るとこれ...Qxg2#でメイトの形なんだなこれ(全く気付かなかった×)
Qd3+で目論見通りエクスチェンジアップができ、かつメイトも回避できる。

慌てないように

10/16のLive@10/10、対medium白番。


中盤以降駒がボロボロ落ちたので楽勝だったけど、
先にポーンをタダ取りされるようなミスをしたのはいただけない。
ポーンを進めるときには慎重に…


10/16分のタクティクス@chess.com。
1. QRN対QRBNN。この戦力差でさらにクイーンを切ってパペチュアルチェックに。40秒で解いて+6
2. RRN対RRB。ビショップを取れるが取るとパペられそうな局面。先にルークを交換して…
  という方針はあっていたものの2手目の対処で間違えた。-6
3. RRN対QRRBN、なぜか前線で孤立していたキングを3手でメイト。2分8秒で解いて+1(score37.9%)。
4. R対RR。連結パスポーンを進めて勝ち。1手問題だと思わなくて11分半考えていた× +1
5. QRN対QRRN。6手メイトの2手目まで。5分オーバーで+1
結果:1777→1780。

誤答つくも針

タクティクス誤答集99回目。10/4-10/15。
01)10/04 4問目(黒番、4手)
10/04 4問目
02)10/05 2問目(白番、1手)
10/05 2問目
03)10/05 5問目(白番、4手)
10/05 5問目
04)10/08 1問目(白番、3手)
10/08 1問目
05)10/08 2問目(白番、4手)
10/08 2問目
06)10/08 3問目(白番、2手)
10/08 3問目
07)10/09 4問目(黒番、3手)
10/09 4問目
08)10/11 2問目(黒番、2手)
10/11 2問目
09)10/11 3問目(黒番、2手)
10/11 3問目
10)10/15 1問目(白番、2手)
10/15 1問目


01)... Nd5 Nf6+ Nxf6 exf6 g4 Rd1 gxf3
02)Qe6#
03)g4+ fxg3 e4+ dxe3 Nxe3+ Kf4 Nxd5+
04)Qf6+ Qxf6 Re8+ Qf8 Rxf8#
05)Qxh6+ Nh7 Qxc6 Bxc6 Rxe7 Rxd1+ Nxd1
06)Qxg4 Kf8 dxe5
07)... Nf4 Rd6+ Kf5 d5 Ke5
08)... Qg3 Rxf1+ Kxf1
09)... Kg5 Rh7 Kxg4
10)Qe6+ Kf8 Bh5

一手メイトは落としちゃダメだね×
10問目の誤答は消費時間34分34秒と、誤答での最長記録を更新した(嬉しくない)
消費時間34分34秒(誤答では最長)

8月以来しばらく20分以上の長考はなかったんだけどなぁ。

積み棋譜を一掃

10/10に指したLive@10/10、国籍不明の人と(白番)。


序盤で得られた有利を活かせなかったのは先日の記事の通り。
何回かディスカバードアタックによる罠を仕掛けているがことごとく看破されていた。
そういうのはblitzじゃなきゃダメかぁ。

10/12に指したLive@10/10、対medium(黒番)。


こちらはすぐ駒得できたので危なくない試合展開だったけど
勘違いでステイルになると思い込んですぐメイトになる手順を逃したのはミス。

棋譜に限らず積み出すと解消が億劫になるから、手遅れにならないうちにお早めにw


10/15分のタクティクス@chess.com。
1. 4手メイト(問題は2手目まで)。2手目がわからず34分考えたが結局誤答。-7
2. RB対RN。キングをおびき寄せナイトをピン。10分かかり+1
3. ビショップを取られ、さらにルークを狙われた局面。でも2手でメイトできるから問題なしw 26秒で解いて+7
4. QRR対QRRB。ルークを取り駒得。約2分かかり+1
5. RR対Q。相手のチェックをチェックをかけながら防いで手得し、その間にパスポーンを進める。47秒で解いて+4
結果:1771→1777。

「待て」じゃないよw

ブログ開設3年半を迎えた記念に扉絵を更新。
ホントは3年になる4/15に描くつもりだったんだけど!

3代目扉絵

なぜかキングにコスプレしてます。
背景のごとく頭クイーンでメイトしちゃいますヨ!

レア問題を発掘

10/14分のタクティクス@chess.com。
1. RBB対RBB。相手に7段目ポーンがあるが2手でメイトできるので慌てる必要はない。1分5秒で解いて+2
2. QRR対QRR。ディスカバードチェックでルークアップ。こちらは1分16秒で+1
3. QB対QN。ダブルアタックと絡めてナイトを捕獲。16分かかり+1
4. RRN対QRR。戦力では大差がついているが2手でメイトできる。3分オーバーで+1
5. キャスリング陣形の脆さを突き、メイトorクイーン取りの2択を迫る。3分オーバーで+1
結果:1765→1771。


4問目を解いたところ。
正答率87.6%というのもなんかすごい
できたての問題らしく?解答数がわずか323…と思ったら一番古いコメントが5年前?? 
問題番号も120910と別に新しくなかった。謎い。

時間かかり過ぎ~

10/13分のタクティクス@chess.com。
1. 中盤戦。ピンを使った駒得狙いをピンを使って防がれるも、チェックを伴ったピン外しで解決。4分半かかり+1
2. ポーンエンディング。ひたすら見合いを取って決定的なポーン奪取。13分半かかって何とか解いた。+1
3. R+7段目ポーン対RN。まずクイーンになってそれから…って1手問題だった× 4分かかり+1
4. 中盤戦。駒交換の前にクイーンへの攻撃を挟み込んで駒得に。5分かかり+1
5. QR対QR。必死がかかる初手を問う。10分かかり+1
結果:1760→1765。

2問目の局面図。
勝ちにできるポーンエンディング
こういう問題をすらすら解けるというのが棋力なんだろうなぁ。

偽ステイル

10/10のLive@10/10、対medium黒番。
駒取れまくりで優勢に進んだ終盤のこの局面。

ルークを取るとステイル?
b7にルークが動いたのを見て、
「あ、これ取るとステイルメイトになるやつだ」
と思いこんでタダで取れる(しかも次メイトできる)手を見逃してしまった×
勝つには勝ったけどおかげでここから20手近くかける羽目に…


10/12分のタクティクス@chess.com。
1. QRN対QRN。ルークを狙われた局面からカウンターをかけてナイトを奪取。17分半かかり+1
2. クイーンサクリファイス→プロモーションで2手でメイト。5分かかり+1
3. QR対QRR。相手の攻撃を防ぎつつメイトに。12分かかり+1
4. QR対QQ(!)。相手のクイーンの利きをかわしつつチェックをかけ片方のクイーンを葬り去る。2分半かかり+1
5. QRR対QRRB、バックランクメイトを防ぎかつメイトスレットを残しつつ駒を除去。9分かかり+1
結果:1755→1760。

おーばーさいと

10/11分のタクティクス@chess.com。
1. QRR対QRRで2手メイト。1分11秒で解いたがすでにscore20%圏だった。+1
2. QRB対QRRB。メイティングネットをかける問題で初手で誤答。-9
3. ルークエンディング。2手目で誤答。-7
4. QRBBNN対QRRBBN。駒交換のスキにクイーンへの攻撃を挟み込んで駒得に。約6分かかり+1
5. 中盤戦。クイーンを吊り出しておいて別方向からチェック、ナイトを捕獲。約9分かかり+1
結果:1768→1755。


単純な見落としミスが続いてしまった×
単純な見落とし1

単純な見落とし2

じゅーじゅー

10/10のLive@10/10、国籍不明の人と。

10/10のゲーム。49手で負け。消費時間15分40秒

コテンパンにやられた×
後で分析にかけたら10手目にして決定機があったのにそれを見落としていた。
チャンスを活かせなかったのは悔しい。
(棋譜の詳細は後ほど)


10/10分のタクティクス@chess.com。
1. QRRBNN対QRRBNN。ルーク対2マイナーピースの交換。5分かかり+1
2. 中盤戦。メイトスレットをしかけてナイトをかすめ取る。8分かかり+1
3. 1ファイルにルークが4つ集まる緊迫した局面。ポーンをねじ込み決定機を作る。3分オーバーで+1
4. メイトを狙われている局面。元凶となるナイトを排除。7分かかり+1
5. QRBN対QRBN。4手メイトの初手を問う。1分22秒で解いて+4
結果:1760→1768。

飛べない翼

10/9のLive@10/10、対hard白番。


オープニングのミスでルークをタダで取られる失態を犯してしまう×
ダメもとでクイーンを残しつつ粘ったらなんと終盤で互角に!

…でもそこでミスって力尽きた。無念なり。

不利な局面をパペチュアルチェックで切り抜けるテクニックも身につけなきゃなぁ。
まー今回は変な欲かかなければ起こらなかったことだけど。


10/9分のタクティクス@chess.com。
1. 序盤戦。突っ込んできたクイーンをトラップ。1分55秒で解いて+1(score48.9%)。
2. フォークを仕掛けられた局面。逆にピンで足止めして捕獲。2分40秒かかり+1
3. QRRBB対QRRBB。燻し出されたクイーンにとどめ。2分半かかり+1
4. RN対RB。動けない敵キングにメイトスレット。2手目、相手の反撃の対処で誤答。-3
5. QR対QRで4手メイト。初手の候補が2つあり迷ったが6分半で正答にこぎつけた。+1
結果:1759→1760。

うげげっ

10/8分のタクティクス@chess.com。
1. クイーンをサクリファイスする3手メイト。初手で誤答。-8
2. ピースダウンしてしかもメイトを狙われている局面。
  メイトスレットを仕掛けて互角の駒割りに。2手目で誤答。-8
3. クイーンを狙われている局面。ルーク対マイナーピース×2の交換に持ち込むと思ったが誤答。-7
4. QRRBN対QRRBN。エクスチェンジサクリファイスから必死をかける。2分11秒で解いて+3
5. RBN対RBN。敵ナイトが浮いているがパペチュアルチェックを防ぐために
 先にキングの逃げ道を確保しながらのチェックを挟み込む。約5分かかり+1
結果:1778→1759。せっかく最近無誤答続いてると思ったら…

ひとケタだぜ!

10/7のLive@10/10。対medium白番。


駒取れまくりのゲームだったけど、
分析にかけたら平均センチポーン差がなんと6。
ひとケタは時間がいくらでも使えるonline戦でもめったに見かけないのに
対コンピュータとはいえlive戦で出せるってオドロキ。

悪手・大悪手なし、平均センチポーン差6を出した
…あれだけ駒捨てまくりの黒も38というのはなんか信じがたいけどw


10/7分のタクティクス@chess.com。
1. QRR対QRRBBNN。恐ろしく駒損してる局面だけど猛攻の末メイトにできる。12分半かかり+1
2. 中盤戦。交換のどさくさにエクスチェンジアップ。3分オーバーで+1
3. f3を開いた白に強襲。窒息メイトになるかも?と期待したけどエクスチェンジアップ止まりだった。7分半かかり+1
4. QRRBB対QRRBB。ビショップ交換で生じたスキに乗じてキングに攻撃。7分かかり+1
5. 敵味方駒が入り乱れる乱戦、と思ったら7段目にいるポーンをクイーンにするだけw 平均34秒の1手問題に4分半。+1
結果:1773→1778。

魔りなこ

最近書いた落書きをぺたり。

魔法使いりなこ
「チェス盤の魔術師」タリにあやかって魔法使いに転職しました(ナンチテ


10/6分のタクティクス@chess.com。
1. QRBN対QRRBで2手メイト。4分かかり+1
2. RBB対RBN。チェックを防ごうとするビショップをピンを利用して捕獲。2分40秒かかり+1
3. RRN対RRで2手メイト。初手仕掛けるメイトスレットを防がせた手で新たなメイトに。10分かかり+1
4. 中盤戦。クイーンとナイトをポーンでフォーク。9分半かかり+1
5. RBB対RBN。ピンを使ってR対BNの交換。約8分かかり+1
結果:1768→1773。

焦っちゃダメだ

10/5分のタクティクス@chess.com。
1. RRBN対RRBN。ピース交換の間にチェックを挟み込んでルークアップ。7分オーバーで+1
2. QR対QRR。1手メイトであることに別の手指してから気づいた× -8
3. 中盤戦。クイーンを斬り込ませてナイトを捕獲。約4分かかり+1
4. クイーンをサクリファイスして3手でメイト。34秒で解いて+3
5. NN対Q。フォークに捕らえる問題だが焦って失敗。-8
結果:1779→1768。

2問目。
1手で仕留められる

5問目。
ポーンフォークにかける前に

共通してるのは早解きしようとして失敗していること。
指す前に深呼吸~

貴重な2手メイト

タクティクス誤答集98回目。9/23-10/4。
01)09/23 5問目(黒番、2手)
09/23 5問目
02)09/24 1問目(黒番、3手)
09/24 1問目
03)09/24 4問目(白番、2手)
09/24 4問目
04)09/25 1問目(白番、3手)
09/25 1問目
05)09/26 2問目(黒番、2手)
09/26 2問目
06)09/28 4問目(白番、3手)
09/28 4問目
07)09/29 1問目(黒番、5手)
09/29 1問目
08)10/01 4問目(白番、3手)
10/01 4問目
09)10/02 2問目(黒番、3手)
10/02 2問目
10)10/04 3問目(黒番、2手)
10/04 3問目


01)...Rc2+ Kb1 Rd2
02)...Nxe1 Rxe1 Qxe1+ Bxe1 Rxd3
03)Qxc6+ bxc6 Rb8#
04)Rxe6+ Ke7 Qxd8 Qxe6 Nd6+
05)... Nf5 Qh5 g6
06)Qd8+ Kf7 Qe6+ Kf8 Bg6
07)... Rf3 Kh2 Rxg2+ Kxg2 Qh3+ Kg1 Qg4+ Kh2 Rh3#
08)Bxa6 Rxa6 Qb7+ Qe7 Qxa6
09)... Qa5 Bd2 cxd3 Bxa5 cxb2
10)... Nxf4 Rxf4 Qxe5

3)の変形ボーデンのメイトはモノにしておきたかったなぁ。
だってこれ、クイーンサクリファイスに気づけばscore100%狙える問題だもん。

手順見ても解ける気がw

10/4分のタクティクス@chess.com。
1. 序盤戦。突っ込んでくるクイーンをトラップ。4分半かかり+1
2. QRN対QRN。クイーンに攻撃してナイトの自爆を誘う。約3分かかり+1
3. QRRN対QRRN。エクスチェンジサクリファイス→スキュアと思って指したが誤答。-8
4. クイーンをトラップ。反撃のナイトチェックは軽くかわして…で間違えた× -4
5. ルークエンディング。メイトをかわしつつプロモーションに成功。19分かかり+1
結果:1788→1779。

5問目を解いた直後の局面図。
この後Re7+ Kd1 g7と指されたとしたら?
問題はここで終わりだったけど、Re7+と食い下がられたときに...Kd1の後
g7とされたときに勝ち切れるのかが気になった。AnalysisだとRe6と指しちゃうんだよな~。

で、lichessの棋譜分析によると以下の手順で14手でメイトできるそうな。
プロフィール

はらべりなこ

Author:はらべりなこ
ハラベさんと結婚して以来おなかが空きっぱなしになりましたw 
チェス勉強中の初心者です。

カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム