十月十日十手

10/10のLive@10/10。スロベニアの人と。



10手目でなぜか相手がリザインしてしまった。
もちろんブランダーを指して、ではない(分析でも両者疑問手・悪手・大悪手すべてゼロだった)。
急用でもできたのかな。


10/10分のタクティクス@chess.com。
1. QRBBN対QRRBN。メイトスレットをかけておいてからクイーンをトラップ。約5分かかり+1
2. RN対RN。敵キングが逃げ場をなくしていることに乗じて4手でメイト。4分半かかり+1
3. QRBN対QRRBN。クイーンサクリファイス→窒息メイト。2分21秒で解いて+1(score54%)。
4. QRBN対QRNN。エクスチェンジサクリファイスでクイーンを吊り出してトラップ。約3分かかり+1
5. RRB+7段目ポーン対RRB。ルークを側面に回してプロモーションをサポート。9分半かかり+1
結果:2050→2055。1週間ぶりの無誤答~
スポンサーサイト

正確には9/10になってた

9/9のLive@9/9。クロアチアの人とのゲーム。
続けて3戦目、4戦目と申し込んできたので誘われるまま受諾。

3戦目(りなこ黒番)

このゲームは負けてしまった。
勝てるチャンスは何度もあったのだがそのたびに逃してしまい
引き分けにできるチャンスも逃しピースダウンを喫して終了。
分析では平均100センチポーン(つまり1手ごとにポーンを捨ててるようなもの)と散々。


4戦目(りなこ白番)

ダニッシュ・ギャンビットきたぁぁぁ! 相手の油断に乗じて頓死をキメた。
もっとも黒が有利に進んでいたためここでメイトできなかったら押し切られていたかも。

さらに5戦目も申し込まれたけどさすがに断って脱出~
今回の勝利でRapid(旧Standard)の勝利数が3ケタ(102勝)到達。
レーティングも最高値(1582)を更新。さらにトータルの試合数が600を超えた。


9/10分のタクティクス@chess.com。
1. RBN対RR。ナイトを犠牲にメイトスレットをかける。5分半かかり+1
2. QRR対QRRN。クイーンでピンをかけメイトの布石に。2分半かかり+1
3. 中盤戦。駒の取り合いをエクスチェンジサクリファイスを挟み込むことでピースアップに。2分11秒で解いて+1(score55%)。
4. 中盤戦。ルークを取らせておいて2ビショップを取る。10分オーバーで+1
5. 中盤戦。エクスチェンジサクリファイスを皮切りに最後クイーンとキングにダブルアタック。手順前後に注意。4分半かかり+1
結果:2081→2086。

キュッキュッ

9/9のLive@9/9。しばらく待っているとクロアチアの人が捕まった。

1戦目(りなこ黒番)

相手はクイーンを早々に出すオープニング。
しっかり守りを固め、反撃に出たところでブランダー発生。
15手であっさり終了~。


2戦目(りなこ白番)

勘違いからポーン損スタート;
その後2ポーンと引き換えにピースアップしたもののちぐはぐな攻めが続き終盤戦へ。
スキュアを食らったもののチェックを挟み込むことで逃れ、その時に仕掛けたメイトスレットに相手がはまって勝利!

内容はともかく連勝で幕、と思ったその時!(明日に続くw


9/9分のタクティクス@chess.com。
1. 中盤戦。一見ビショップタダ取りで楽勝、と思ったらその続きが長かった。13分かかったがレーティング2362で+2
2. キャスリング直後の局面。ここでできたスキを突きダブルアタックでビショップをゲット。約3分かかり+1
3. RNN対RN。キングを追い払ってプロモーションを決める問題だが手順をミスり-8
4. 中盤戦。クイーンとナイトをサクリファイスしてバックランクメイト。6分半かかり+1
5. RNN対QN。ナイトの連続攻撃で2手メイト。5分オーバーで+1
結果:2084→2081。

50/9/3

4/21のLive@10/10。対medium白番。

4/21のゲーム。56手で勝ち。消費時間11分41秒

f2にナイトが突っ込んでくる展開だったけど惑わされずに勝利。
今回の勝利で対medium10/10で50勝目を挙げた(9敗3分)。
Rapid(旧Standard)もあと2勝で100勝の大台に。


4/21分のタクティクス@chess.com。
1. Q対QNRで3手メイト。約6分かかり+1。
2. QRBB対QRRB。ルークサクリファイスからの猛攻で形勢逆転に。9分かかり+1
3. QRR対QRN。ルークサクリファイスからの4手メイト。以前解いた問題で35秒で解き+4
4. QRRN対QRRN。メイトを狙われているところでの4手メイト。約3分かかり+1
5. QRRBN対QRRBBNN。たがいにクイーンを取れる局面だがチェックを挟み込み一方的にクイーン取り。5分半かかり+1
結果:1968→1975。

言い訳無用!

3/28のLive@10/10(対medium、黒番)での一場面。

局面を打開しようとうっかりした手を指す

大幅に駒得したものの、なんとなく膠着しそうな局面だったので
打開しようとタクティクスを仕掛けるつもりで...Ne5??と指してしまう。
dxe5にQxd4として中央突破を図るつもりが…

普通にNxe5と取られました(当たり前だけど)

結局これをさらに...Rxe5と取るハメになってしまい、トータルでルーク損。
局面を大いに冷やしてしまったとさ。ゲームは勝つには勝ったけどね

これ強引に...Nxd4とかでも十分だったじゃん…


3/28分のタクティクス@chess.com。
1. 相手にチェックされた局面。しかし防ぎつつディスカバードチェックをかける手がありそこから3手でメイトできる。1分23秒で解いて+2
2. QRRN対QRRB。エクスチェンジサクリファイスでできたスキでルークを素抜き。約6分かかり+1
3. QR対QRRN。一見絶望的な形勢だがルーク交換後ダブルアタックでナイトを葬り、さらに連続チェックの末ルークも始末してドローにできる。23分かかり+1
4. 中盤戦でアンパッサンが可能な局面。しかしこれは罠で正解はクイーンをトラップ。見破るのに約9分かかった。+1
5. QRRB対QRRBB。ルークをトラップできると思って指した手が誤答。-9
結果:2026→2022。
プロフィール

はらべりなこ

Author:はらべりなこ
ハラベさんと結婚して以来おなかが空きっぱなしになりましたw 
チェス勉強中の初心者です。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム