まずはスタートしてから

7/14、ずいぶん久しぶりにPS版チェックメイトをプレイ。
そういえば黒番で指したことなかったなぁ、と思ってメニューを見ると
なぜかプレイヤーの手番を選択する項目がない。

このゲーム白専用?と思ったら答えはゲームを始めたところにあった。
ゲームを開始してからのオプションで「白黒交代」を選べば黒番で指すことができる、というわけ。
(それもどうかと思うが)


レベル1の御堂弥生と指してたんだけど、この子が6手目からずっと長考しまくってて
思考を切り上げてその時点での最善手を指す「即答」指示を出さないとちっとも指そうとしないのには参った。
(もっともこれは無理矢理?白番にしたからではなくてゲーム開始時メニューの
 コンピュータの思考で「無制限に思考」ってのを選んだからみたい。
 それでも以前はもっと早く指してたような…)


7/14分のタクティクス@chess.com。
1. RBB対RBN。2ビショップを活かしてルークをトラップ。11分半かかり+1
2. QRR対QRRBN。ここからさらにルークもサクリファイスして8手でメイト(問題は5手目まで)。約7分かかり+1
3. Q対QRR。連続チェックでパペって引き分けに。先月11日に同じ問題を解いたw でも6分オーバー(scoreは52%だった)。+1
4. QN対QB。メイト目前の相手からの反攻を切り抜ける問題。最後メイト自体は防がれるがロイヤルフォークにはめて勝ちに。11分半かかり+1
5. RRB対RRN。駒交換でルークの利きをそらせた隙に決定的な位置にポーンを運ぶ。約8分かかり+1
結果:2051→2056。
スポンサーサイト

サクリファイスは慎重に

14日のチェックメイト(PS版)
アンナさんと3戦目。3度目の正直なるか!?


…2度あることは3度あるになっちゃった;
せっかくのポーンアップを成立しないタクティクスの誘惑に負けて失ってしまった×
「クイーンなら取るだろう」という希望的観測は捨てなきゃダメだね。


14日のタクティクス@chess.com。
1. BR交換でエクスチェンジアップできそうな場面。慌てて食いつくとメイトされるので下準備を入念に。+2
2. 3手メイト。別の変化が来ると思って無駄に読んじゃった× おかげで100秒かかったけどギリギリ+1
3. ルーク損している局面。ディスカバードアタックからの駒取りを工夫することでクイーンを奪う。11分かかり-4
4. 2手メイト。相手のパスポーンは無視してOKだったことに気付くのに21分41秒…-4
5. 連続チェックでポーンの進む道を空ける。3手目で間違えて-4
結果:1452→1443。

9から6へ

13日はGBC版チェックメイトで一戦。
モードは勝ち抜き戦とフリー対戦とあるけど試運転を兼ねてフリー対戦を選択。
相手はレベル1の「みどう やよい」、PS版にも出てきたあの子ですw



なんと、6手で勝っちゃったw
オダチェスで作った最短記録を3手縮めることに成功。
うひょひょ。


13日のタクティクス@chess.com。
1. クイーンを追撃してスキュアを決める。4分かかり-6
2. ナイト対ビショップのエンドゲーム。相殺してツークツワンクに追い込む。7分半かかり-5
3. 初手にクイーンをサクリファイスする2手メイト。8秒で解いてscore100%!(+8
4. 2手メイト。初手にルークを捨ててもう片方のルークでメイト。ギリギリ+1
5. 2手メイト。平均時間よりもちょっと早く解けた。+5
結果:1449→1452。

我こそはキングの影武者なり

28日の記事の続き。
今度は黒側に援軍を加える。

8段目に進んだ駒を取れるようにルークを配置

このセッティングで前回と同じくコンピュータに白番を任せると、
予想通りb8のプロモーション?でキングがワープ。
すかさずルークでこれを取ると…

ステイルメイト

えっ、キング取った黒の勝ちじゃないの?
(って、チェスはそういうゲームじゃないけど)

と、盤面をよく見るとキングがいつの間にかe2の位置に戻ってきている。
動ける駒がなく、チェックもかかってないのでステイルメイト、というワケらしい。
ふむむむ。ではさっきb8に飛んだキングは一体何者??


28日のタクティクス@chess.com。
1. クイーンサクリファイスからの2手メイト。7秒で解いた!でもscoreは99.8%。+8
2. 3手メイトの初手。ナイトで取るかクイーンで取るかで3分考えちゃった。-4
3. ディスカバードチェック+クイーンへの攻撃。しかしすぐクイーンを取るとこちらのクイーンも取られる。
 うまく駒得する方法は…18分考えてようやく正解にたどり着く。-4
4. QBN対RRBBN。ビショップと相手のビショップ+ナイトを交換。これは13分。-5
5. 中盤、ナイトが突っ込んできた場面。メイトスレットを絡ませて駒取り。+5
結果:1446のまま。

キングワープ

PS版チェックメイト、局面設定にてちょっとしたお遊び。

本来ならb8=Q+で楽勝モード、でも…

こんな局面を作ってスタートすると…
・取られているピースがないのでb8に進んでプロモーションができない
・しかし他に動ける駒がない
・でもステイルメイトになるわけでもない
という文字通り「詰んだ」状態に。
(ヒントを出して先に進めようとしても「ヒントはだせません」の冷たい返答が)

これはもうどうしようもないのか?
ダメもとで白黒交代してコンピュータに指させたところ…
b8=K!! キングになっちゃったよ!Σ
(ちなみにe2にいたキングは消えてしまう。キングが二つあるのは不自然だから?)
キングがワープするという荒業でこの難局を乗り切ってしまいましたとさ。


27日のタクティクス@chess.com。
1. RBN対RBN。ピンしたビショップを攻撃。2分オーバーして-5
2. クイーンサクリファイスからの2手メイト。あ、score50%切ってる; -1
3. ルークエンディングでプロモーションを巡る争い。正答率15%の問題で2手目で間違えて-3
4. 4手メイト。当然と思った初手で誤答; -7
5. RBB対RRで2手メイト。これはすんなり解けた。+5
結果:1457→1446。
プロフィール

はらべりなこ

Author:はらべりなこ
ハラベさんと結婚して以来おなかが空きっぱなしになりましたw 
チェス勉強中の初心者です。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム