初めてづくし

20日、もも様とlichessで15/10を白黒2戦!

1戦目:白りなこ。

ツーナイツ・ディフェンスになった。
序盤のポーン得を守り切り、オープンファイルをルークに支配させつつ
孤立ポーンを奪って駒得を広げて勝利、という理想的なゲーム展開ができたかも!
え、エンディングで大悪手? 聞こえないもんね。

あと、棋譜中では書き忘れてたけど
ビショップを追い払うためにh3と指す決断ができなかったのは
...Bxh3のサクリファイスの後、gxh3に...Qg6+とされる手が厄介そうに思えた…
というのがあったためだった。でも、e4-e5間のブロックされたポーンのおかげで
黒マスビショップの利きが遮られていたおかげで実は成立しない攻めだったらしい。
(「(eポーンのブロックが)地味に後で役に立った」というのはそういう理由ですw)

2戦目:黒りなこ。

エヴァンス・ギャンビット。一戦目とは対照的に開幕早々ポカしちゃった~;;
2ポーン対ナイトの駒損になってしまい、何とか打開しようと乱戦を仕掛けるも
逆に駒を削られ時間もなくなり力尽きた。
エヴァンスは何度も指してるはずなのに守りに回ったらコレだよ!!

そういえば白番でのツーナイツも黒番でのエヴァンスも対もも様戦では初めてかもしれない。
そう、春には新たな出会いがあるものです♪


3/21分のタクティクス@chess.com。
1. QRBBNN対QRRBBNで6手メイト。約6分かかり+1
2. ピースダウンした乱戦。ルークサクリファイス→ルークを抜きさらにダブルアタックで駒得に。約5分かかり+1
3. QRRBB対QRRBB。ダブルアタックで駒得。以前解いたことがあるやつで1分3秒で解いて+5
4. QRRN対QRRBN。ルークサクリファイスでキングをおびき寄せてクイーンを捕獲。約5分かかり+1
5. QRBNN対QRRBBN。ディスカバードチェックで2手メイト、と思ったら実際は駒得止まりらしい(問題は初手のみ)。約6分かかり+1
結果:2000→2009。
スポンサーサイト

(DS Spirits)1500で1500(記事)

10日のDS Spirits1500。対Mr.MA(フリーモードで白番)。



いつものようにダニッシュに持ち込む。しかし…

1手メイトを見落として13手余分にかかった;

この失態は言い訳できないよなぁ。
通算1500記事って区切りのいい時にいったい何してるんだか。

3/11分のタクティクス@chess.com。
1. BN対BB。ディスカバードチェックで攻勢を維持したままフォークに捕らえる。約10分かかり+1
2. ルークエンディング。先にクイーンを作られるがパペらせてドローに。ナイトになるのがミソ。15分半かかり+1
3. 互いにクイーンを攻撃した局面。ビショップをサクリファイスし取らせている間にクイーンを捕獲。約7分かかり+1
4. QRBN対QRRN。浮いたルークを捕獲。取った瞬間固まって誤答したと思った;(実は1手問題で正解表示までのタイムラグ) 約7分かかり+1
5. 中盤戦。きな臭い局面だけど浮いてるナイトを捕獲。その後メイト狙いやクイーンへの攻撃をかわしてクイーン交換に成功。4分半かかり+1
結果:1963→1968。

MAって何かの略かしらん

10日のDS Spirits1500。7人目の相手となるMr.MA。
なんとなく怪しい風貌のオジサン。よく言えば一昔前の映画監督風?
チャレンジモードでは100手以内に勝利すればOK。



エンドゲームになったけどまだまだ手数には余裕あり。
やっぱり時間制限よりも楽だね。

3/10分のタクティクス@chess.com。
1. 中盤戦。19分考えても狙いがつかめず誤答。-9
2. RRN対RRB。駒を取りまくって4手メイト。約6分かかり+1
3. 中盤戦。浮きナイトを取る前にルークの交換を挟み込んで駒得。2分オーバーで+1
4. QRRN対QRRB。クイーンの取り合いの後でビショップを始末して駒得。47秒で解いて+1(score61%)。
5. RRN対RRN。フォークをかけようとポーンで釣り出そうとしたが失敗。-9
結果:1978→1963。

微妙な最短メイト

3/4、対大五郎ラトヴィアン。


今回はビショップを取るよりも先に...fxg2として11手でメイト。
その後先にキングの退路断っておけば10手で仕留められそうだ、と思い実際に10手で仕留められたのだけど
解析を見ると正確に指せばメイトまで10手以上余分にかかる悪手だってことが判明した。
これではさすがに最短手数だって威張れないね。


3/4分のタクティクス@chess.com。
1. 中盤戦。クイーン取りを誘って逆襲をかけ駒得に。3分半かかり+1
2. QRB対QRN。チェックをかけてキングが逃げた先でピンをかける。28分半かかり+1
3. 中盤戦。わざとディスカバードアタック+チェックを誘う(実は罠でクイーンを取るとメイトになる仕掛け)。約14分かかり+1
4. 序盤。のこのこ出てきたクイーンとビショップをポーンフォーク。最初グリークギフトが成立するかと思いそっちに意識が行ってた。約4分で+1
5. こちらがキングだけで、相手側にポーンとビショップがいるエンディングで引き分けに持ち込む。8分かかり+1
結果:1954→1959。

もう少し縮められそう

1日のDS spirits1500。対武志でラトヴィアン。


すぐクイーンが取れたから楽勝モードではあったけど思ったよりも時間がかかった。
油断禁物。


3/1分のタクティクス@chess.com。
1. QRRN対QRRBNN。ずいぶん駒損しているがさらにサクリファイスを加えることでメイトを狙う。45秒で解いたらこれがなんとscore100%! +7
2. RR対RBN。浮いてるビショップを捕獲。直後にフォークを食うがこれは想定内でルークを逃がしながらチェックをかけることでかわす。2分オーバーで+1
3. QRB対QRNで3手メイト。初手にルークとクイーンのどちらをサクリファイスするかが問題。後者を選んで正解。1分半かかり+1
4. QRRBNN対QRRBNN。窒息メイトを狙いつつクイーンに攻撃。約8分かかり+1
5. QR対QR。メイトを逃すとこちらがメイトされるので慎重に…行ったつもりが2手目で誤答× -7
結果:1942→1945。瞬間風速1952を数えた。
プロフィール

はらべりなこ

Author:はらべりなこ
ハラベさんと結婚して以来おなかが空きっぱなしになりましたw 
チェス勉強中の初心者です。

カレンダー
02 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム