最近黒番ばっかりになってる

8/18、chess24のClaudiaと15/0。



chess24の対コンピュータ戦は白黒の決定がランダムなのか
前回黒番だから今回は白番、となるとは限らないみたい。

ゲームはミスからエクスチェンジダウンする苦しい展開(←またや)だけど
何とかパペチュアルチェックにできる局面をつかんだのでドローに。

で、解析を見ると実は終盤は黒優勢だったらしい。
エクスチェンジダウンを取り返せるのは分かったけどまさかポーン数で逆転できてたとはね。
(もっとも、残り時間(3分ちょっと)で勝ち切れるかはまた別の話)


8/18分のタクティクス@chess.com。
1. ピースアップしている中盤戦。ピースアップを維持しつつクイーンを逃がす。まさか1手問題とは思わずに17分。+1
2. QRRB対QRRB。クイーンをサクリファイスして2手メイト。1分36秒で解いて+1(score59%)
3. QRRB対QRRN。クイーンをサクリファイスして3手メイト。こちらは30秒で解いた。score100%!(+9
4. 相手側にビショップがいるポーンエンディング。妨害をされないようにポーンを捨てつつプロモーション。3分半で解いて+6
5. ポーンエンディング。相手のポーンをけん制しつつ先にプロモーション。約20分かかり+1
結果:2080→2098。
スポンサーサイト

覚えてやがれ!(逃走

8/14のchess24。Claudiaと15/0(黒番)。


中盤の進め方がまずくポーンダウン→エクスチェンジダウンを招き必敗の態勢だったが
ポーンを守ることに固執する相手に付け入る形でドローをもぎ取る。
「きょ、今日のところはこれで勘弁してやる!」(←悪役w

8/14分のタクティクス@chess.com。
1. QRRB対QRRB。ルークを取った後の追撃を振り切る。17分かかり+1
2. 中盤戦。クイーンとビショップを攻撃してピースアップ、と思ったらナイトが突っ込んできて焦る。どれで取るかで迷い20分近くかかる。+1
3. QR対QRR。ルークを捨てて2手メイト。…を見落としてしまった× -7。レーティング2443の問題。
4. QRB対QRRB。ルークを取り戻した後メイトスレットをかけて逆転。この時の応手の検討で時間がかかり27分50秒。+1
5. ナイトエンディング。6月ごろに出た問題の再出題。今回は8分かかり+1
結果:2083→2080。

「アイツって誰?」って聞くのは野暮だよw

7/22、DS Spirits1500でダン・マイケルと2戦目(黒番)。
1か月ほど前に白番だけ指してずっと放置してたw


いつものようにルイ・ロペスと思ったら手順を間違えて(4...Nf6 5...Be7とするところを逆に指す)
普段とは全く違う展開になってしまった。
道理でずいぶん早くから「考え中…」が出るなぁ、と思ったんだ。

ゲームは中盤、相手のマイナーピースに要所を支配されて苦しい展開だったが
エクスチェンジアップに成功してから風向きが変わり56手で勝利。

使用した自キャラ(ケンジ)の勝ちセリフ、
「(くっ・・・こんな相手に手こずってたんじゃ、一生アイツには勝てないぜ・・・)」
がまさに終わった時の私の気持ちにピッタリなゲームだった。


7/22分のタクティクス@chess.com。
1. QRN対QRN。ナイトを犠牲にキングを危険なスポットに誘い出してスキュア。13分かかり+1
2. QR対QRで2手メイト。平均時間(30秒)ぴったりで解いて+3
3. QRRB対QRRBで敵の攻撃をかわしつつ4手でメイト。8分かかり+1
4. RRB対RRB。初手でメイティングネットをかける。4分半かかり+1
5. 相手側だけナイトがあるポーンエンディング。ナイトに邪魔される前に連続プロモーションでメイトに。9分かかり+1
結果:2085→2093。

まずはスタートしてから

7/14、ずいぶん久しぶりにPS版チェックメイトをプレイ。
そういえば黒番で指したことなかったなぁ、と思ってメニューを見ると
なぜかプレイヤーの手番を選択する項目がない。

このゲーム白専用?と思ったら答えはゲームを始めたところにあった。
ゲームを開始してからのオプションで「白黒交代」を選べば黒番で指すことができる、というわけ。
(それもどうかと思うが)


レベル1の御堂弥生と指してたんだけど、この子が6手目からずっと長考しまくってて
思考を切り上げてその時点での最善手を指す「即答」指示を出さないとちっとも指そうとしないのには参った。
(もっともこれは無理矢理?白番にしたからではなくてゲーム開始時メニューの
 コンピュータの思考で「無制限に思考」ってのを選んだからみたい。
 それでも以前はもっと早く指してたような…)


7/14分のタクティクス@chess.com。
1. RBB対RBN。2ビショップを活かしてルークをトラップ。11分半かかり+1
2. QRR対QRRBN。ここからさらにルークもサクリファイスして8手でメイト(問題は5手目まで)。約7分かかり+1
3. Q対QRR。連続チェックでパペって引き分けに。先月11日に同じ問題を解いたw でも6分オーバー(scoreは52%だった)。+1
4. QN対QB。メイト目前の相手からの反攻を切り抜ける問題。最後メイト自体は防がれるがロイヤルフォークにはめて勝ちに。11分半かかり+1
5. RRB対RRN。駒交換でルークの利きをそらせた隙に決定的な位置にポーンを運ぶ。約8分かかり+1
結果:2051→2056。

まるで成長していない…

23日、1年ぶりにchess24のClaudiaと対戦。15/0。
成長した私の力見せつけてやるぜ!!



返り討ちにあった~;
しかも1年前よりも内容悪くないかコレ?


6/23分のタクティクス@chess.com。
1. QRBN対QRB。駒得ながらメイトを狙われている局面でルークを捨てることで逆にメイトを決める。6分オーバーで+1
2. QRB対QRRBN。メイトスレットをかけることでクイーン奪取。11分半かかり+1
3. QRN対QRNで2手メイト。しかし1手目の発見にめちゃ時間がかかり解いた時には約33分。レーティング2335の問題で+2もらった。
4. QRRN対QRRB。次フォークを狙ったナイトムーブ。これもずいぶん手こずり23分かかった。だけどレーティング2379の問題で+3
5. QRBN対QRBNで3手メイト。実は解くまでメイト問題とは思ってなかった(後述)。2分オーバーでギリギリscore51%。+1
結果:2074→2082。

5問目の局面(途中図)。
クイーンサクリファイスからクイーンを取り返してピースアップ、と思ってた

ここでクイーンをサクリファイスした後、開いたガードに乗じてルークでクイーン回収だと思ってたら
それがチェックメイトにw 結果的には正解だけど題意をつかめてなかったのは危険。反省~
プロフィール

はらべりなこ

Author:はらべりなこ
ハラベさんと結婚して以来おなかが空きっぱなしになりましたw 
チェス勉強中の初心者です。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム