竜の目玉を抜いた

2017/11/25開始の対チームベラルーシとのゲーム、白番。

クイーンでキングを押さえつけつつeファイルでの攻防を制して勝利。
それができたのも敵陣の守りのかなめであるフィアンケットしたビショップをうまく葬れたためだと思う。
目玉を抜かれた竜は案外もろい(正確にはドラゴン・バリエーションじゃないけどw)


ともあれこれでこのチーム戦2-0!
チーム全体でも勝ち越していた。
この時点ですでに34点を超え勝ち越しを決めていた
ベラルーシTの1番ボードの人は一体何したんだか…


2/3分のタクティクス@chess.com。
1. RBB対RBBN。浮きビショップに攻撃。しかしこれは前振りで本命は続く2手目でチェックをかけ敵キングをルークから引き離してタダ取りを狙うというもの。約12分かかり+1
2. 序盤戦。ビショップをサクリファイスしてクイーンをトラップ。手順を間違えてしまい誤答。-7
3. 中盤戦。駒の取り合いでピースアップするという問題だが出色なのはビショップが利いてる中最初にクイーンを切り出すところ(クイーンを逃がすとメイトになるので最終的には相手もクイーンを捨てないといけない)。18分半かかったがレーティング2548の問題で+3
4. QRRBB対QRRB。駒得しているがクイーンを狙われている。慌てずに逃がしてさらに突っ込んできたクイーンからルークも逃がす。51分もかかった…+1
5. 相手側がキャスリングしていない局面。クイーンを追い払ってから守りの消えたビショップを捕獲。見落として誤答。-14
結果:2185→2169。
スポンサーサイト

攻めのツボにはまった

2017/11/25開始の対チームベラルーシとのゲームが終了。(黒番:1/20、白番:1/31)
まずは先に終了した黒番での棋譜から。



ビショップを追い払うために突いたポーンにより弱体化したキャスリング陣形に乗じ
絶好のタイミングでfファイルを開いてルークを突っ込ませることで白陣に致命的な打撃を与えた。
そしてクイーン狩り→メイトまで一直線。


2/2分のタクティクス@chess.com。
1. RBBN対QRRBB。孤立したキングを反撃を許さずにメイトに持ち込む。約11分かかったがレーティング2539の問題で+3
2. QRRBN対QRRN。ビショップをサクリファイスしてメイトとロイヤルフォークの両天秤に。1分47秒で解いて+4
3. RRNN対RN。駒割りでは圧倒的だがメイトを狙われている。キングを逃がしつつ反撃を織り交ぜる。2手目で間違えて-7
4. QRRBN対QRRBN。ナイトでチェックをかけてさらにクイーンを踏み込ませる。以前解いたことがある問題だが7分かかり+1
5. QRB対QRN。4手メイト。初手でクイーンの動かす位置を間違えて失敗。-10
結果:2194→2185。
一瞬2200台に復帰!!と思ったらぁ~↓

八連荘達成(違

オーストラリアの人とのonline戦(960ルール、白番)。12/22-1/21。


同一局面3連戦目だけど、前回とも前々回とも違ったゲーム展開に。
今回は序盤から戦いが始まったため、キャスリングしながら攻撃という珍しい光景も。
敵クイーンにa2を狙われていたのでキャスリング後手を渡すと...Qxa2と突っ込まれる懸念があったが
攻勢を維持したおかげで絶好のタイミングで手を渡すことができた。
そしたらうまいこと嵌ったw

これでこの人とは8勝目。ちなみに9戦目も現在進行中。


2/1分のタクティクス@chess.com。
1. QRRB対QRBBN。取れる駒はいくつかあるが反撃を封じるため次チェックををかけてきそうなビショップから排除。11分かかり+1
2. R対RBで3手メイト。初手はポーンで逃げ場を塞ぐ。1分40秒で解いて+1(score72%)。
3. 2ルーク同士のエンドゲーム。敵キングが盤端で孤立していることに乗じて3手でメイト。3分ちょっとかかり+1
4. 乱戦模様の序盤戦。f7への攻撃でキングを燻し出してからスキュアを決める。メイト問題だと思って15分考えた。+1
5. メイト寸前のところで相手からの反撃チェック。メイトを邪魔されないようナイトを出してしのぐ。18分半かかったが+2。レーティング2484。
結果:2188→2194。

静かなゲーム展開

去年12月に開始したバングラディシュの人とのonline戦が1/28に終結。


スコッチ・ゲームになったんだけど早い段階でクイーンを含む多くの駒が交換されたので
あっという間に終盤戦に。そしてとくに波乱もなくドローに終わった。

どうも出遅れたgポーンにスキがあると思った判断が良くなかったようだ。
解析からうかがえるベストな展開はルークでオープンeファイルの支配を維持しつつ
キングを相手の孤立dポーンの前に持っていくことで
ルーク交換のどさくさにこのポーンをかすめ取る、という感じらしい。
と言っても相手が手損するミスでもしないと実現は難しそうだけど。

解析結果。ほとんど値動きなし
解析でも双方悪手も大悪手も0。
評価値の推移も±1の範囲を超えない穏やかなものに。


1/31分のタクティクス@chess.com。
1. QRRN対QRRN。8段目に並んだルークを活用しクイーンを追い払い返す刀でナイトを捕獲。約5分かかり+1
2. QRRBN対QRRBN。hファイルからの攻めを行うためクイーンを据える。12分かかったがレーティング2405の問題で+2
3. 序盤、フォークと同時にナイトが攻撃された局面。まずフォークをかけているナイトを始末し、狙われた自ナイトはサクリファイスする。約7分かかり+1
4. RRBN対RBNで5手メイトの4手目まで。初手で間違えて-7
5. QRR対QRB。メイトとルーク取りが狙われているがクイーン交換を強制させ両方の狙いを防ぐ。19分かかり+1
結果:2190→2188。

2018年初づくし

20日、11月からスタートしていたベラルーシの人とのonline戦(黒番)で勝利!
今年初勝利!
今年最初の勝利を挙げることができた。


1/20分のタクティクス@chess.com。
1. BN対R。キングが動けないことに乗じて3手メイト。2手目にルークの射線上にビショップを捨ててチェックを防ぐのがポイント。3分43秒で解いて+4
2. QRBN対QRB。エクスチェンジサクリファイスでバックランクメイトを避けつつメイトスレットをかける。11分半かかり+1
3. RBN対RBN。ポーンを突き捨てて取らせておいてルークタダ取り、という手だと思ったらダイナミックに局面が動いた末8手目でメイトに。44分かかって解いた。レーティング2559(これまでの最高記録!)の問題で+3
4. QRRBN対QRRBNN。ビショップを捨てて3手メイト。4分ちょっとかかり+1
5. QRRBBN対QRRBBN。ナイトサクリファイスを皮切りにキングサイドをこじ開け、7手目でメイトに。17分半かかり+1
結果:2215→2225。

タクトレでも5日間連続正答を達成!
3か月ぶり、15度目のpassed一色
こちらももちろん今年初w
プロフィール

はらべりなこ

Author:はらべりなこ
ハラベさんと結婚して以来おなかが空きっぱなしになりましたw 
チェス勉強中の初心者です。

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム